DC協会|セミナー

 DCアドバイザー(企業年金・退職金制度のコンサルティングを担う専門資格)の資格試験を実施する団体
 
過去のセミナー
WEBセミナー
   
 
過去のセミナー


2017年(平成29年)3/1  東京 
 「退職後のライフプラン 確定拠出年金~お得な受け取り方を考える~」 東京
【日時】   平成29年3月1日(水) 18時30分~20時40分(2時間10分)
【会場】   中央大学駿河台記念館
【定員】   20名
【継続単位】 第1分野2単位、第2分野2単位
【受講料】  認定会員3000円、セミナー会員4000円、一般5000円
      *セミナー会員のご登録はこちら(ご登録は無料です。)

 今回は意外に見過ごされているDCのもらい方について考えるセミナーです。
 通常の投資教育では、詳しく触れられないテーマですが、DBがある場合、退職一時金が多い場合などDCの相談を受ける立場の方ならおくべき問題はたくさんあります。
 そのほか受取り方を決める際に注意すべき点を 考えます。前半は退職前のライフプラン手続きの注意など、個人相談に向けて役立つ情報満載でお送りします。
【テーマ】
「退職前の準備教育、ライフプラン」
 〇退職後に向けた個人相談に役立つ情報提供 〇退職前の手続き、注意事項
「確定拠出年金の受け取り方」
 〇年金と一時金 受け取り方はどちらが得か?
 〇注意しなければならないケース

【講師】 岡田 由美子氏
    (DCアドバイザー ファイナンシャル・プランナー)
     成宮 正和氏
    (DCアドバイザー ファイナンシャル・プランナー)
【申込方法】
 お名前、会員登録番号、連絡先(メールアドレス、携帯電話など)をご記入のうえ、下記アドレスへ送信ください。
インターネット受講をご希望の方は明記ください。(メールアドレス必須)
お申込み後、受講料のお振込先をご連絡します。
master@nenkinnet.org へ


このページのトップへ



2017年(平成29年)1/28  千葉 
 「個人型DCに係る変更点 実務面の視点から」 千葉
【日時】   平成29年1月28日(土) 午後1時30分~4時00分(2時間半)
【会場】   市川教育会館 4階 第2会議室
【定員】   20名
【継続単位】 第1分野3単位
【受講料】  認定会員2000円 セミナー会員2500円(今セミナーでは、労働金庫連合会の「企業年金に係る役割発揮宣言」の一環として、比較的低額の参加費が実現しています。)
      *セミナー会員のご登録はこちら(ご登録は無料です。)

 平成29年1月に改正確定拠出年金法が施行され、個人型DCの加入範囲が大きく拡大されます。
 既に新聞等が、公務員や専業主婦等も加入が可能となることを様々な面から報じていることはご承知のとおりです。こうしたなか、個人型DCに係る実務面では、どのような変更が行われ、また、どのような事項が注意点として指摘されているのでしょうか。

 当支部では今般、こうした問題意識を踏まえて、DC運営の現場で長い経験を有する労働金庫連合会から井よし仙征氏を講師に迎え、現場の最前線から個人型DCの実務面を中心にお話いただきます。
 私共DCアドバイザーにとって、法改正の前後の状況を踏まえた貴重なお話を伺える機会と存じます。奮ってご参加下さい。

 なお、今セミナーにつきましては、運営管理機関や金融機関、証券会社等に所属するDCアドバイザーの方は、参加をご遠慮願います。

【講師】 井よし 仙征(いよし のりゆき)氏
    (労働金庫連合会 確定拠出年金運営管理室 次長、企業年金総合プランナー)
申込方法
  参加希望者は、住所、氏名、会員番号(DC協会会員のみ)を記入して、DC協会千葉支部あて、FAX(0474-74-3306)または、次のメールアドレスで申し込みください。
   mizumi31@gmail.com へ

このページのトップへ



2017年(平成29年)2/15  東京 
 個人型DCセミナー 
基調講演「“ iDECo” 普及の課題と展望」
「運管各社の動きと個人相談の現場から」

注目される個人型DC“ iDECo”についてのセミナーです。
基調講演では国民年金基金連合会 確定拠出年金部長 審議役 片岡佳和氏をお招きし
その普及に向けての展望と課題をお話しいただきます。
第2部ではDC協会会員マイページ(1月号の会報誌にも寄稿)で提供している「個人型DC運営管理機関の手数料一覧表」を作成頂いている一色徹太氏(DCアドバイザー)から、資料請求、コールセンターとのやりとり等を通じて各運管の個人型DCへの本気度、使いやすさ等お話しいただきます。
また、「DCアドバイザーとして個人型DCの相談も昨年から格段に増加してきた」という同氏の現場でのよくある相談事例も御紹介いただきます。

今回講師のお二人にはインターネットでの生中継にも快くご賛同いただきましたので、地方の方にもパソコンから受講が可能です。

【日時】   平成29年2月15日(水) 午後6時30分~8時40分(約2時間)
【会場】   ちよだプラットフォーム5階 竹橋駅
【定員】   30名(会場)
【継続単位】 第1分野2単位 第3分野2単位
【資料代・受講料】DC協会会員3千円 セミナー会員4千円(インターネットでの受講も同じです)
      *銀行振り込みをお願いします。
      *セミナー会員のご登録はこちら(ご登録は無料です。)
【申込方法】
  お名前、会員登録番号、連絡先をご記入のうえ、下記アドレスへ送信ください。
インターネット受講をご希望の方は明記ください。(インターネット中継の方はメールアドレス必須)
お申込み後、受講料のお振込先をご連絡します。
master@nenkinnet.org へ


基調講演「個人型DC“ iDECo” 普及の課題と展望」
 講師 国民年金基金連合会 確定拠出年金部長 審議役 片岡佳和氏
 〇現状の課題と今後の展望 〇加入者拡大の実際の動向
 〇具体的な問題点(事業所、加入者のサイド加入時の事務手続き)


第2部 「個人型DC・運管各社の動きと個人相談の現場から」
 講師 DCアドバイザー ファイナンシャル・プランナー 一色 徹太 氏
 〇各運営管理機関の手数料、商品ラインナップ、信託報酬、コールセンターのサービス状況
 〇個人相談の現場でのよくある事例紹介

このページのトップへ



2016年(平成28年)11/9  東京 
 「あらためて確認 個人型確定拠出年金のメリットと注意点」 東京
【会場】   ちよだプラットフォーム5階
【日時】   平成28年11月9日(水) 18:40~20:10(約1.5時間)
【継続単位】 第1分野2単位 第3分野1単位 
【受講料】  認定会員千円 セミナー会員2千円 一般2.5千円
      *セミナー会員のご登録はこちら(ご登録は無料です。)

来年1月からほぼ誰でも加入できるようになる個人確定拠出年金についてのおさらいセミナーになります。
-具体的な加入方法、金融機関や商品の選び方の注意点
-企業型との相違点、など来年一月にはアドバイザーなら絶対に知っておくべき内容の確認です。
セミナーは1時間で質問をできる限り受付けます。

【インターネットでのライブ配信】
インターネット配信を通じてパソコンからも受講できます。
ライブ配信受講者はメールでご質問ください。
【講師】  阪尾 進氏 (DCアドバイザー、社会保険労務士)
申込方法
  住所、氏名、会員番号(DC協会会員のみ)を記入して、協会あてまたは、次のメールアドレスで申し込みください。
   master@nenkinnet.org へ

このページのトップへ




2016年(平成28年)11/2  大阪 
 「公的年金と社会保障の制度改正 ポイントの整理と課題」 大阪
【会場】   新大阪丸ビル別館
【日時】   平成28年11月2日(水) 18:30~20:30(約2時間)
【継続単位】 第2分野4単位 
【受講料】  認定会員3千円 セミナー会員5千円 一般6千円
      *セミナー会員のご登録はこちら(ご登録は無料です。)
【内容】
・公的年金制度の概要と改正のポイント
・社会保険(医療保険・介護保険)の今後と課題

講師  塩田耕三氏 (DCアドバイザー、特定社会保険労務士)
1969年東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。国内外にて 国際金融業務に従事。1998年より教育事業会社に勤務の間、厚生年金基金・企業年金基金常務理事を8年間勤める。2011年より中小企業診断士、社会保険労務士として、経営戦略策定・財務・人事労務管理等中小企業の経営支援とともに、企業年金運営管理やライフプランセミナー等年金関連業務を行っている。

申込方法
  住所、氏名、会員番号(DC協会会員のみ)を記入して、次のメールアドレスで申し込みください。
   master@nenkinnet.org へ

このページのトップへ




2016年(平成28年)10/26 大阪
「改正確定拠出法の改正 重要ポイントの整理」 大阪
【会場】   新大阪丸ビル別館
【時間】   18時30分~20時30分
【継続単位】 第1分野4単位 
【受講料】  認定会員3千円 セミナー会員5千円 一般6千円
【内容】
・確定拠出年金法改正の重要ポイント 
・選択肢の増える確定拠出年金 ・中小企業の確定拠出年金
・個人型確定拠出年金

講師  宮本一弘氏(DCアドバイザー、CFP)
1962年早稲田大学第一法学部卒業、NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事 日立製作所で家電・住設システムと自動車機器の事業分野で事業部業務と直接営業に従事。
中部支店自動車機器部長、自動車機器事業部営業部長、 総合住宅システム推進本部システム技術部長、同本部次長等を歴任 会社退職後、NPO法人設立に参画。


申込方法
  住所、氏名、会員番号(DC協会会員のみ)を記入して、協会あて、次のメールアドレスで申し込みください。
   master@nenkinnet.org へ

このページのトップへ



2016年(平成28年)9/24 東京
 アドバイザー大会 2016
 終了しました。ライブ配信も好評でした。

参加者の感想
幅広い視点から具体例も交えたわかりやすい講義だった。
後半はDC、DBの法改正の全体像がつかめバランスのとれた内容だった。
役に立つ情報が多く、個人型DCの課題や今後の問題点が意識できた。

【カリキュラム】
 13:00~ ご挨拶
 13:05~14:35 
    「あらたな視点で見る老後問題の解決策」
    ○DC法の改正と個人の老後対策
    ○個人型DCの活用
    ○公的年金・企業年金を老後生活にどのように活用していくか
      講師 大江 英樹 氏 (CFP、1級ファイナンシャルプラニング技能士)
     
 14:45~16:15 
    「企業年金(DB,DC)の重要ポイントの整理説」
    ○DBの制度改正(リスク分担型DBとは)
    ○DC法改正
    ○運営管理機関の再評価など
     講師 黒田 英樹 氏  (年金数理人・日本アクチュアリー会正会員)
     JPアクチュアリーコンサルティング株式会社 代表取締役


このページのトップへ




2016年(平成28年)9/24 東京
 アドバイザー大会 2016
~新時代を迎える確定拠出年金~

「確定拠出年金法等の一部を改正する法律」が6月3日に公布されました。 この改正によって私たちのライフプランの中でDCの重要性が増していくことが考えられます。 今年は企業年金の分野で著名なお二人の講師をお招きしてじっくりとお話しいただきます。


 日 時 : 平成28年9月24日(土) 13時00分~16時15分 (受付12時30分~)
 場 所 : 中小企業館 9階(東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩2分)
       http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html

 定 員 : 80名(先着順)
 受講料 : DC協会会員 5千円 セミナー会員 7千円  一般 8千円
 受講料は事前にお振り込みをお願いいたします。

 継続単位:第1分野~第3分野 各4単位

【カリキュラム】
 13:00~ ご挨拶   
 13:05~14:35 
    「あらたな視点で見る老後問題の解決策」
    ○DC法の改正と個人の老後対策
    ○個人型DCの活用
    ○公的年金・企業年金を老後生活にどのように活用していくか
      講師 大江 英樹 氏 (CFP、1級ファイナンシャルプラニング技能士)
     
 14:45~16:15 
    「企業年金(DB,DC)の重要ポイントの整理説」
    ○DBの制度改正(リスク分担型DBとは)
    ○DC法改正
    ○運営管理機関の再評価など
     講師 黒田 英樹 氏  (年金数理人・日本アクチュアリー会正会員)
     JPアクチュアリーコンサルティング株式会社 代表取締役


【申込方法】
     お名前、会員登録番号、連絡先を明記の上
      master@nenkinnet.org へ
セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。

参加費用の振込先 事前振り込み
・三井住友銀行 神田支店 普通
   口座番号:2917195
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
   口座番号:0059631
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会

キャンセルの場合: 9月16日までにご連絡がない場合、ご返金は出来ません。

会場 
中小企業会館 9階講堂   最寄駅「銀座一丁目」 11番出口


 中小企業会館入り口


このページのトップへ




2016年(平成28年)7/23  千葉 
「確定拠出年金法の改正内容について」

 本年5月24日に、確定拠出年金に係る改正法案が国会で可決され、成立しました。 今回の改正法は、企業型・個人型の双方にわたる広範なものとなっています。

 DCアドバイザーや導入企業の担当者の皆様にとって、これまで以上に、正確な理解を求められる項目が大幅に増加したと言えるのではないでしょうか。

 当千葉支部では、こうした問題意識に基づき、成立した改正法において、法律面での拡大や変更が行われたポイントをじっくりと吟味しておく機会を企図しました。

 講師には、ジャパン・ペンション・ナビゲーター株式会社から、年金コンサルティング部長であります春日 温氏をお迎えします。同法の改正点などに関して、実務経験に裏打ちされた幅広い解説をいただけるものと思います。

 DCアドバイザーや企業内の実務担当者の皆様におかれましては、このたびの法改正を確認しておく良い機会として、また、改正点に係る日頃の疑問点を解消する場などとして、当支部のセミナーを是非ご活用下さい。


日時:平成28年7月23日(土) 午後1時30分~3時30分(約2時間)
会場:市川教育会館 4階 第2会議室
  市川市南八幡1-10-19 (JR総武線 本八幡駅から徒歩約5分)
    (http://ichikawakyouikukaikan.or.jp) 
   (定員 15名)

テーマ:「確定拠出年金法の改正内容について」
講 師: 春日 温(かすが あつし)氏
  ジャパン・ペンション・ナビゲーター株式会社(j-pec) コンサルティング事業本部 年金コンサルティング部長
参加費:2千円
継続単位:第1分野3単位
なお、本セミナーでは、講師のお話の前に10分程度で、「共済組合」に係る情報提供を予定しています。

このページのトップへ



2016年(平成28年)7/13  東京 
DC法改正記念講演「企業年金から考えるライフプラン」
~法改正で広がるDC活用の可能性~

 退職金・企業年金制度と投資教育が専門を専門に日経電子版他、著書、講演を多数の山崎俊輔氏をお迎えして DC法の改正を中心に企業年金とライフプランのテーマで講演をお願いしました。

DCアドバイザーや企業内の実務担当者の皆様には、改正DC法の活用、「ライフプランセミナー」、「投資教育セミナー」のご参考にてご活用下さい。


日時:平成28年7月13日(水) 午後6時30分~8時30分(90分)
会場:中央大学駿河台記念館
    (http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/) 
   (定員 30名)
テーマ:「企業年金から考えるライフプラン」
~法改正で広がるDC活用の可能性~
講 師: 山崎 俊輔 氏
  (ファイナンシャルプランナー、日経新聞電子版にて週刊連載等、老後資産形成と企業年金についての著書、雑誌掲載多数)
参加費:3千円(認定会員)5千円(セミナー会員)6千円(一般)
継続単位:第3分野3単位


このページのトップへ



2016年(平成28年)7/2  千葉 
「在職老齢年金を掘り下げる」


 老齢厚生年金を受けている人が、会社等に勤務し、厚生年金保険の被保険者になると適用される「在職老齢年金」。 実際に在職老齢年金を受けている人たちの間でも、制度に係る間違った情報や誤解が根強いように見受けられます。
 また、企業内の担当者の皆様にとっても、従業員らに対して慎重な説明が求められる年金制度のひとつの分野ではないでしょうか。

 当支部では今回、こうした問題を踏まえて、「在職老齢年金」について、その制度的な背景や算定方法などを再確認する場を設けてみました。
 講師には、高年齢者雇用アドバイザーとして長い現場経験を有する川上 建次氏(東京都社会保険労務士会所属)をお迎えし、在職老齢年金に関して幅広い解説をお願いしています。
 また、平成27年10月以降の被用者年金制度の一元化後の変化についても、お話のなかで触れていただく予定です。

DCアドバイザーや企業内の実務担当者の皆様におかれましては、「在職老齢年金」制度の理解をより深めるために、また情報収集の場などとして、当セミナーを是非ご活用下さい。


日時:平成28年7月2日(土) 午後1時30分~4時00分(2時間半)
会場:市川教育会館 4階 第2会議室
   市川市南八幡1-10-19 (JR総武線 本八幡駅から徒歩約5分)
    (http://ichikawakyouikukaikan.or.jp) 
   (定員 15名)
テーマ:「在職老齢年金を掘り下げる」
講 師:川上国際経営労務事務所所長 川上 建次氏
    (特定社会保険労務士、高年齢者雇用アドバイザー)
参加費:3千円
継続単位:第2分野4単位


このページのトップへ


2016年(平成28年)4/20  東京 
「中小企業における確定拠出年金を考える 」「マイナス金利における運用」


DCの運用、投資教育にかかわる方にはぜひ確認しておきたい内容です。 奮ってご参加ください。


  第1部 18時20分~19時30分
「中小企業における確定拠出年金を考える」

   〇 DC法改正と中小企業の企業年金
   〇 総合型確定拠出年金
   〇 選択制確定拠出年金
   〇 厚生年金基金の解散に伴う選択制確定拠出年金への移行
【講 師】 牧村 博一 氏 MKビジネス コンサルティング オフィス
        (DCアドバイザー、中小企業診断士、特定社会保険労務士)


DC法が改正されれば、企業にとっての選択肢は増え、各制度を把握するためのセミナーです。 会員のみなさまへのアンケートで、希望の多かった選択制DCについての理解も重要です。
--------------
第2部19時35分~20時30分
「マイナス金利における運用」
   〇 マイナス金利と運用の考え方
   〇 DCの運用への影響
   【講師】  小山 信浩 氏 小山法務事務所・コヤマコンサルティングオフィス代表
        25年以上にわたり生保、信託銀行、国内外の運用機関において商品設計、資産運用、
       事業開発に携わった後、独立。
       現在は主に中小企業やベンチャー企業を対象とした経営助言や資金計画・リスク管理        等のサポート事業を展開。
       DCアドバイザー ,日本証券アナリスト協会検定会員,行政書士、司法書士

継続単位: 第1分野 3単位

会場: 中央大学駿河台記念館

参加費用: 認定会員3千円 (DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザー)
       セミナー会員4千円 一般5千円   セミナー会員ご登録はこちら



このページのトップへ



2016年(平成28年)4/9  東京 
「確定給付企業年金の概要」


確定給付企業年金の概要から最新情報までをお届けするセミナーです。
 〇 わが国の企業年金制度の概要
 〇 確定給付企業年金
 〇 厚生年金基金
 〇 中小企業退職金共済(中退共)
 〇 ポータビリティ(制度間の資産移換)
 〇 企業年金の制度改正の動向
  (制度改正の全体像、拠出弾力化、リスク分担型DBについて)

【日 時】 4月9日 (土) 14時~16時
【場 所】 日比谷図書館 セミナールームA
【参加費 】 DC協会会員3千円 *銀行振込
【講 師】 谷内 陽一 氏
       りそな銀行 年金信託部 担当マネージャー りそな年金研究所
【単 位】 第2分野3単位


このページのトップへ

2016年(平成28年)3/30  東京 
「DCアドバイザーが知っておきたい投資信託の基礎知識から投資教育の注意点」


DCの運用、投資教育にかかわる方にはぜひ確認しておきたい内容です。 奮ってご参加ください。


日時: 3月30日(水) 18:30~20:30

「DCアドバイザーが知っておきたい~投資信託の基礎知識から投資教育での注意点」

   〇 投資信託の基礎知識
   〇 投信商品の概要
   〇 DC投資における投信選びのポイント
   〇 投資教育での注意点 
   〇 マイナス金利下での運用の考え方
--------------
継続単位: 第3分野 3単位

会場: 中央大学駿河台記念館

参加費用: 認定会員3千円 (DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザー)
       セミナー会員4千円 一般5千円   セミナー会員ご登録はこちら



菅野 眞人氏 (DCアドバイザー)
DC運営管理機関にて加入者向けの投資教育を中心に、DC関係業務全般に従事。加入者向 けセミナーでは、導入、資産運用から、ライフプラン、受給関係について、提案からセミナー講師まで担当


このページのトップへ


2016年(平成28年)2/3  東京 
「アドバイザーのための個人型確定拠出年金セミナー」


今年はDC法の大きな改正が予定されています。 改正が実現すれば今後加入者の対象が大きく広がる個人型確定拠出年金をテーマにお送りします。 セミナーでは制度の確認と今後どのように活用するかを考えます。
DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザーの方には質問、アドバイスを一般の方から受けることが予想されます。奮ってご参加ください。


日時: 2月3日(水) 18:30~20:40

内容:
 第1部 18:30~19:40 「個人型確定拠出年金(DC)の制度」阪尾 進 氏
  〇制度のメリットと注意点
  〇中小企業の退職金制度としての個人型DC
  〇アドバイザーとして知っておきたい金融機関の選び方

  第2部 19:45~20:40「アメリカの制度との比較と法改正後の個人型DC」成宮正和 氏
  〇アメリカIRAとの比較
  〇法改正後の展望

継続単位: 第1分野 3単位

会場: 中央大学駿河台記念館

参加費用: 認定会員3千円 (DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザー)
       セミナー会員4千円 一般5千円   セミナー会員ご登録はこちら



講師紹介:
阪尾コンサルティング事務所 代表 阪尾 進
社会保険労務士 DCアドバイザー 
(中小企業の退職金制度としての個人型DCを積極的に進め、定期的にセミナーを開催)

成宮 正和(なるみや まさかず)
株式会社エルピス・パートナーズ 代表取締役 、DCアドバイザー、CFP
(DC協会理事/日本の個人型DCはもちろん、アメリカのIRA、401Kなどに精通)



このページのトップへ


2016年(平成28年)2/24  東京 
「厚生年金基金の解散と移行の課題」
~DCアドバイザーが押さえておくべきポイント~


 厚生年金基金制度の大幅見直しを柱とした改正厚生年金保険法が施行されて 早くも2年が経とうとしています。既に殆どの基金が解散あるいは他制度への 移行方針を決定しており、基金の解散・移行処理はこれからが本番です。
 本セミナーでは、企業年金の専門家であるDCアドバイザーが基金の加入企業・ 加入者・受給者に対し適切なアドバイスができるよう、基金の解散および後継 制度への移行のポイントを分かり易く解説します。



日時: 2月24日(水) 18:30~20:40

テーマ:「厚生年金基金の解散と移行の課題」~DCアドバイザーが押さえておくべきポイント~

<主な内容(予定)>
1.厚生年金基金制度のおさらい ~世に蔓延する誤解・偏見を解く~
2.加入基金の現状分析 ~決算報告の見方のポイント~
3.基金の解散手続きのポイント
4.後継制度への移行のポイント

講師:谷内 陽一 氏
    りそな銀行 年金信託部 担当マネージャー
    りそな年金研究所

継続単位: 第1分野 2単位 第2分野 2単位

会場: 中央大学駿河台記念館

参加費用: 認定会員3千円 (DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザー)
       セミナー会員4千円 一般5千円   セミナー会員ご登録はこちら




このページのトップへ


 
 
大阪セミナー
「公的年金と社会保険の基礎知識」

「最近の労働問題の傾向と対策」

10月28日(水)13:15~15:00
 「公的年金と社会保険の基礎知識」

・公的年金の役割と歴史  ・最近の法改正
・給付の種類と年金額 ・60歳以降も働く場合の賃金と年金
 
10月28日(水)15:10~16:50
 特別講演「最近の労働問題の傾向と対策」
~激増する地域ユニオンへの対応~

 法律事務所かなめ 弁護士 畑山 浩俊 氏 

 突然団体交渉に立ち会えと言われたら、どのように対応しますか?
最近、東京、大阪では、1名から加盟できる地域ユニオンが乱立しています。 労働条件の改善(残業代未払い、退職金請求等々)をテーマに突然、団体交渉に呼び出される事例が続出しています。 初期の対応を誤ると、社員からの訴訟が相次ぐなど、会社の大変な危機を招きかねません。 今回は、団体交渉に精通する法律事務所かなめの畑山浩俊(はたやまひろとし)先生に対応、対策のポイントなどをお話しいただきます。
社労士の方も知っておきたい内容ですので、お時間ある方はぜひご参加ください。



日 時: 10月28日(水)~ 13:15~17:00
場 所: 新大阪 丸ビル別館(新大阪駅徒歩3分)

参加費用:各回認定会員3千円、セミナー会員5千円、一般6千円
参加費用は事前振り込みとなります。

定 員
先着20名

主 催・お問合せ
NPO法人 DC協会 TEL 03-3222-6113 FAX03-3222-6008
E-mail: master@nenkinnet.org
 
このページのトップへ




2015年(平成27年)9/27 東京
 アドバイザー大会 2015
今年は基調講演とその後の講演では、現在国会に提出されている「確定拠出年金法等の一部を改正する法案」を中心に今後の企業年金について、大いにお話しいただきます。最後に、現在DCを導入している企業のご担当者に導入についての経緯、継続教育の実情と問題点などをお話しいただく予定です。奮ってご参加ください。

 日 時 : 平成27年9月27日(日) 13時~16時40分 (受付12時30分~)
 場 所 : 中小企業館 9階(東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩2分)
       http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html

 定 員 :  90名 (申し込み先着順)
 受講料 : DC協会会員 5千円 セミナー会員 7千円  一般 8千円
 受講料は事前にお振り込みをお願いいたします。

 継続単位:第1分野 ~ 第3分野 各4単位

【カリキュラム】
 13:00 ~  開会のご挨拶   
 13:05 ~ 14:25 
       基調講演「企業年金の問題点と今後」
       日本年金数理人会 理事長
       りそな銀行 年金信託部部長 和田貴一 氏
 14:30 ~ 15:55 
       「確定拠出年金法等改正の詳細解説」
       特定社会保険労務士 中小企業診断士
       DCアドバイザー 牧村 博一 氏
 16:00 ~ 16:40
       「DC実施企業の投資教育の実情と問題点」
       仲臺事務センター社長  藤田 みさこ氏




 中小企業会館入り口


このページのトップへ



2015年(平成27年)5/27~7/8  東京 
「年金・退職金総アドバイザー」講座
日時: 第7回目 7月8日(水) 18:30~20:40
テーマ:退職給付の概要
 ~企業年金を理解するために必要な退職給付、年金財政の概要
講師: そな銀行 年金信託部 上席数理役 ・年金数理人 和田 真介氏
内容: ・企業年金制度
    ・年金数理
    ・DB制度
    ・退職給付会計
    ・厚生年金基金
会場: 中央大学駿河台記念館
参加費用: 会員 3,000円 セミナー会員5,000円
申込方法: メールまたはFAXでお申込みください。
 お名前、連絡先、会員登録番号(ご不明な場合は結構です)、をご記入のうえ、ご返信ください。振込先をご連絡いたします。

   内容詳細(pdf)

お問合せ・お申込み  master@nenkinnet.org へ

このページのトップへ



2015年(平成27年)6/17  東京 
記念 講演 「今後の企業年金の展望」

確定拠出年金法案の一部を改正する法案が国会に提出されています。
厚生労働省の企業年金部会の委員で日本年金数理人会前理事長の鈴木博司氏をお迎えし、企業年金部会で討議を重ねた内容と法改正とを踏まえ、今後の企業年金の課題、展望などを大いにお話しいただく記念講演です。


講師:
鈴木博司 (すずき ひろし)
日本年金数理人会前理事長、企業年金部会委員

日時: 6月17日(水) 18:30~20:30

継続単位: 第3分野 3単位

会場: 中央大学駿河台記念館

参加費用: 認定会員3千円 (DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザー)
       セミナー会員4千円 一般5千円   セミナー会員ご登録はこちら

申込方法:
 下記のメールにお名前、連絡先、会員登録番号(ご不明な場合は結構です)をご記入のうえ、ご返信ください。振込先をご連絡いたします。


このページのトップへ


2015年(平成27年)5/27  東京 
「確定拠出年金法等の改正解説と今後のDCの方向性と課題を考える」


先週4月3日に確定拠出年金法案の一部を改正する法案が国会に提出されました。

内容はおもに下記の内容になります。(施行期日)
1.企業年金の普及・拡大
 1)中小企業対象に設立手続きを大幅に緩和した簡易型DC制度の創設(公布日から2年以内の政令で定める日)
 2)個人型DCへの小規模事業主掛金納付制度の創設(公布日から2年以内の政令で定める日)
 3)DCの拠出規制単位を月単位から年単位へ(平成29年1月1日)

2.ライフコースの多様化への対応
 1)個人型DCの適用拡大(第3号、企業年金加入者、公務員等共済加入者)(平成29年1月1日)
 2)DCからDBへのポータビリティ拡充(公布日から2年以内の政令で定める日)

3.DCの運用の改善
 1)運用商品の選択しやすいよう継続投資教育の努力義務化・商品数の抑制(公布日から2年以内の政令で定める日)
 2)デフォルト商品の規定整備(公布日から2年以内の政令で定める日)

4.その他
 企業年金の手続き簡素化、国民年金基金連合会の広報業務の追加等(平成29年1月1日,一部は平成27年1月1日等)
今回は上記改正事項の解説後、米国のIRA(個人退職勘定)等の状況も踏まえた今後のDCの方向性と課題を考える内容です。

DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザーの方は奮ってご参加ください。


講師:
牧村 博一(まきむら ひろかず)
MKビジネス コンサルティング オフィス代表(DCアドバイザー、中小企業診断士、社会保険労務士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

成宮 正和(なるみや まさかず)
株式会社エルピス・パートナーズ 代表取締役 (DCアドバイザー、CFP)


日時: 5月1日(金) 18:30~20:30

内容: 第1部 18:30~19:45 「確定拠出年金法等の改正解説」
                   牧村博一氏
     第2部 19:45~20:30「今後のDCの方向性と課題~
                 米国のIRA(個人退職勘定)等の状況も踏まえて」
                   成宮正和氏
継続単位: 第1分野 3単位

会場: 中央大学駿河台記念館 3階

参加費用: 認定会員3千円 (DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザー)
       セミナー会員4千円 一般5千円   セミナー会員ご登録はこちら



このページのトップへ



2015年(平成27年)4/29  大阪 
「確定拠出年金 法改正の展望と投資教育の実際」


日時:4月29日(水 祝) 14時~16時

会場:たかつガーデン(大阪市天王寺区東高津町7番11号)「藤」
http://www.takatsu.or.jp/access.html

受講料:一般5,000円、セミナー会員4,000円 認定会員3,000円
セミナー会員ご登録はこちら

主な内容
 ○確定拠出年金法改正についての最新情報と展望
 ○ 投資教育の実際~加入者の求める情報とは
 新聞等での確定拠出年金に関する記事、関心が増えてきました。今回は、昨年まで運営管理機関で長年、加入者教育に携わっていらした講師DCについての最新情報をお願いしました。法改正で、DCマーケットは拡大に弾みがつくのでしょうか。運営管理機関の思惑を含め、DC市場の現状など率直にお話しいただきます。
 「投資教育」については、加入者の実態、求められる情報提供の内容、具体的な手法など、積極的なご質問をお待ちしております。

継続単位:第1分野 2単位 第3分野 2単位


講師:菅野 眞人( DCアドバイザー)
  DC運営管理機関にて加入者向けの投資教育を中心に、DC関係業務全般に従事。加入者向けセミナーでは、導入、資産運用から、ライフプラン、受給関係について、提案からセミナー講師まで担当。定年退職後、個人事業者として開業、DC関係業務を中心に活動中




このページのトップへ


2015年(平成27年)2/18  広島 
「厚生年金基金解散が抱える問題点とその後継制度について」(広島)

時間:18時30分~20時00分

会場:広島YMCA 3号館3階
★3階までは階段になります。 http://http://www.hymca.jp/hall/access/

受講料:一般5,000円、セミナー会員4,000円 認定会員3,000円
セミナー会員ご登録はこちら

主な内容
 ○厚生年金基金の現状
 ○ 基金解散後の後継制度検討のポイント
 ○上乗せ部分の受給権を保全するための措置
 ○代行返上と解散の違い
 ○加入企業における後継制度の比較と留意事項
 ○中小企業の選択肢

継続単位:第1分野 2単位 第2分野 2単位 第3分野 2単位


講師:宮原操子( DCアドバイザー)
  中小企業の企業年金・退職金制度の構築・新規導入を主に手掛けている。
金融機関、社会保険労務士会、FP協会支部等でのセミナーで企業年金・退職金についての講師も数多く務め、最近では厚生年金基金や加入している事業所からの相談も多く、総合的なコンサルティングを行っている。




2015年(平成27年)2/26  東京 
「厚生年金基金改革にどう対応するか」(東京)

時間:18時30分~20時30分

会場:中央大学駿河台記念館6階(御茶ノ水駅徒歩5分)

受講料:一般6,000円、セミナー会員5,000円 認定会員4,000円
セミナー会員ご登録はこちら

主な内容
 ○厚生年金基金の現状、仕組み
 ○ 厚生年金基金改革法の概要
 ○後継制度の概要、基金及び加入企業の選択肢
 ○積立水準別基金の方向性
 ○加入企業における後継制度の比較と留意事項
 ○基金改革の事例紹介
継続単位:第1分野 2単位 第2分野 2単位


講師:植村 昌機 (DCアドバイザー、AFP、社会保険労務士)
  NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事・兼事務局長
日本経済新聞社で出版業務に従事、出版企画部長。テレビ愛知に出向、総務部長、人事部長を歴任。 会社退職後、NPO法人設立に参画。
退職金制度・企業年金制度変更の助言及びコンサルティングを数多く手がける



2014年(平成26年)10/1~  東京 
「年金・退職金総合アドバイザー資格講座」(東京)

2014年10月1日~全6回 で資格講座を開講いたします。
時間:各回18時30分~20時30分の予定

会場:中央大学駿河台記念館3階(御茶ノ水駅徒歩5分)
★第1回の10月1日は会場がちよだプラットフォーム本館5階 http://www.yamori.jp.html
(東西線 竹橋駅)になります。ご注意ください。

受講料:全6回一般36,000円、セミナー会員30,000円
セミナー会員ご登録はこちら

全6回中5回以上出席の方には「年金・退職金総合アドバイザー」資格登録の権利が付与されます。
登録には入会費10,000円年会費10,000円が必要です。
(年金・退職金総合アドバイザーに登録された方は、DCアドバイザー合格時には入会金、年会費は不要です。)
特典:年金・退職金総合アドバイザーに登録された方は「DCアドバイザー資格認定試験」 の第2分野の受験を免除いたします。


内容
:10月1日「ライフプランと退職前準備教育」 第2分野 3単位
10月8日「公的年金の概要と最近の法改正情報」 第2分野 3単位
10月15日「企業年金の詳細と概要①DC制度」 第1分野 3単位
10月22日「企業年金の詳細と概要②DB制度他」 第1分野 3単位
10月29日「確定拠出年金の投資教育」第3分野 3単位


11月5日 記念講演「投資でもっとも大切な哲学と技法」

講師は外資系金融機関でおファンドマネージャーとして長年にわたり優秀なパフォーマンスをあげられている講師の山本潤氏です。
山本氏と同じグループでパフォーマンスを追及される日本株アナリストの方からは 「機関投資家の分析手法・投資の着眼点」についてもお話しいただきます。

18時半~20時半 中央大学駿河台記念館
講師 山本 潤氏
受講費用認定会員 3千円
継続単位: 第3分野 3単位

参加費用:
認定会員(DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザー)は各2500円(記念講演のみ3千円)
セミナー会員は各回5千円 一般6千円
公的年金から退職金制度、ライフプランなど基本知識を中心にした内容です。

お問い合わせ  master@nenkinnet.org へ


このページのトップへ

2014年(平成26年)10/8~  大阪 
「年金・退職金総合アドバイザー資格講座」(大阪)

2014年10月8日~全6回 で資格講座を開講予定です。
詳細はこちら


退職金制度の見直しを迫られている企業のご担当者には特に好評です。


10月8日13時30分~17時:
第1回「企業年金制度の概要」第2回「企業年金制度の再編」

会員の継続単位:第2分野6単位 認定会員(受講料4千円)

10月15日13時30分~17時:
第3回「確定拠出制度の制度設計」第4回「確定拠出年金制度における投資教育のありかた」

認定会員の継続単位:第1分野3単位 第3分野 3単位 認定会員(4千円)

10月22日15時~17時
「公的年金と社会保険の基礎知識」

認定会員の継続単位:第1分野3単位  認定会員(受講料3千円)

10月29日 18時~19時半 記念講演「税と社会保障の一体改革について」

会員の継続単位:第2分野3単位

特典:1)全6回中5回以上出席の方には「年金・退職金総合アドバイザー」資格登録の権利が付与されます。
    登録には入会費10,000円年会費10,000円が必要です。
(年金・退職金総合アドバイザーに登録された方は、DCアドバイザー合格時には入会金、年会費は不要です。)
    2)年金・退職金総合アドバイザーに登録された方は「DCアドバイザー資格認定試験」 の第2分野の受験を免除いたします。

受講費用:一般36,000円 セミナー会員30,000円
   個別の受講も可能ですのでお問い合わせください。
会場:ホテル新大阪研修室
★業務等で出席できない場合はeラーニング等の代用授業もご用意いたします。ご相談ください。

お問い合わせ  master@nenkinnet.org へ


このページのトップへ

2014年(平成26年)10/17  東京 
  厚生年金基金解散後の制度について
~中小企業に適した選択肢は何か?~
 厚生年金基金は今年4月の基金改正法施行後、大きく解散に向かって動き出しています。解散後、「基金の独自給付である上乗せ部分」を検討する際の情報としては、大企業向けのものが多いのではないでしょうか?
「それをそのまま小さくして、中小企業に導入すれば大丈夫?」その疑問にお答えします。

第一部 厚生年金基金解散後の制度~中小企業に適した選択肢は何か?
・解散・代行返上等は積立状況によって決まる。
・上乗せ部分(プラスアルファ)の移行先と方法、新たに創設されたものは
・中小企業にお勧めできない選択肢
・DC制度を利用する場合は企業に合った使い方で。
・保険商品を使う場合に押さえておくべき事

第二部 確定拠出年金の利用に際してのポイント
・確定拠出年金制度の概要、メリットと注意点
・選択制企業型DCと個人型DCの仕組み・内容と社会保険料

第三部 緊急報告:厚生年金基金廃止か存続かの最新情報
 お誘いあわせの上、ご参加ください。

 日 時 : 平成26年10月19日(金) 18時30分~20時45分 

  詳細はこちらから。

 場 所 : 中央大学駿河台記念館
       http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

 定 員 :  30名(先着順)
 継続単位: 第1分野1単位 第2分野2単位

  申し込み方法 :
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
      master@nenkinnet.org へ
セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
 ※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。




2014年(平成26年)2/17~3/17  webセミナー



 「DC法改正の注意点」
  ~制度の法改正のポイント~

 1時間20分



 動画視聴は終了しました


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今月5日に東京で行われた標題セミナーのうち、第1部、「DC法改正の注意点」についてを期間限定で希望者の方にWEB配信いたします。
セミナーの内容は下記のとおりです。
5日セミナーに興味があったが、参加できなかった方、遠方で参加できなかった地方の方などはぜひ、ご視聴ください。
インターネットを利用したWindowsMediaPlayer 利用の視聴になります。

視聴は2月17日より約1ヶ月間の予定です。
ご不明な点は事務局までお問い合わせください。
---------------
[DC実務セミナーより」

DC法改正の注意点

内容
○確定拠出年金の実施状況
○年金確保支援法 
 ①資格喪失年齢引上げ 
 ②脱退一時金の支給要件の緩和  
 ③自動移換者の自動裁定
 ④マッチング拠出制度の導入
 ⑤投資教育の充実
○拠出限度額引き上げ案について
---------------
受講料
2200円(認定会員) 2700円(セミナー会員)
※レジュメ送料込み


継続単位 第1分野2単位
---------------



このページのトップへ




2014年(平成26年)9/27 東京
  アドバイザー大会 2014
「法改正から考える企業年金の現状」
本年のアドバイザー大会は法改正の側面を中心に企業年金全般をテーマにお送りします。
DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザーの方、及び、今後DCアドバイザー試験の受験ご予定の方等ふるってご参加ください。

 日 時 : 平成26年9月27日(土) 13時00分~16時45分 (受付12時30分~)
 場 所 : 中小企業館 9階 (銀座一丁目駅徒歩2分)
       http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html

 定 員 :  100名(先着順)
 受講料 :  DC協会会員 5千円 セミナー会員 7千円  一般 8千円
 受講料は事前にお振り込みをお願いいたします。

 継続単位:第1分野4単位 第2分野4単位 第3分野4単位

【カリキュラム】
 13:00 ~  開会のご挨拶   
 13:05 ~ 14:35 
       基調講演  JPアクチュアリー 代表取締役 黒田 英樹 氏
       「厚生年金基金の法改正解説と企業の動向」
 14:40 ~ 15:30 
       「DCの制度設計と管理の実情例」
          日本出版販売株式会社 人事部多様化推進チーム 課長
                 社会保険労務士 鈴木 一成 氏
 15:35 ~ 16:25 
       「DCの直近の法改正事項の活用」
                 DCアドバイザー  堤 裕而 氏
 15:30 ~ 16:45 
       「DC協会からのご案内」
          DC協会からは会員がご利用できるような教材をご案内いたします。

★終了後、懇親会(実費)を行う予定です。ご希望の方はご連絡ください。

申し込み方法 :
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
      master@nenkinnet.org へ
セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。


このページのトップへ


  記念講演 2014
「企業年金の課題と展望」
 厚生労働省より年金局企業年金国民年金基金課黒田秀郎課長にお越しいただき、厚生年金基金をはじめとする企業年金の課題と展望についてお話いただきます。

 日 時 : 平成26年7月23日(水) 18時30分~20時 
 場 所 : 中央大学駿河台記念館
       http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

 定 員 :  20名(先着順)
 継続単位: 第3分野3単位

  申し込み方法 :
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
      master@nenkinnet.org へ
セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
 ※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。
 資料代として受講料3千円をお願いします。

このページのトップへ



2014年(平成26年)6/4~  東京
「年金・退職金総合アドバイザー資格講座」(東京)

2014年6月4日~全6回 で資格講座を開講予定です。18時30分~20時50分
会場:中央大学駿河台記念館(最寄駅 御茶ノ水駅)
予定
第1回 企業年金制度の概要
第2回 退職給付会計と年金財政
第3回 確定拠出年金の制度設計
第4回 確定拠出年金における投資教育のありかた
第5回 企業年金制度の再編
第6回 記念講演 「企業年金の課題と展望」 7月23日(水)

全6回中5回以上出席の方には「年金・退職金総合アドバイザー」資格登録の権利が付与されます。
登録には入会費10,000円年会費10,000円が必要です。
(年金・退職金総合アドバイザーに登録された方は、DCアドバイザー合格時には入会金、年会費は不要です。)
年金・退職金総合アドバイザーに登録された方は「DCアドバイザー資格認定試験」 の第2分野の受験を免除いたします。

詳細PDFファイル 年金・退職金総合アドバイザー取得講座 2014

お問い合わせ  master@nenkinnet.org へ


このページのトップへ

2014年(平成26年)6/22  大阪
「厚生年金基金の今後と企業の対処法」(仮) (大阪)

 厚生年金基金の新法が施行されて1か月、年金数理人を講師にお招きして、新法の解説、各基金の今後の動向、移行先の制度(DB、DC、中退共)までお話しいただき、基金に加入している企業はどう対処すべきか、を考えます。

日時:6月22日(日) 14時~16時30分
会場:大阪府教育会館 たかつガーデン 「藤」
http://www.takatsu.or.jp/access.html
受講料:認定会員 3,000円/セミナー会員 4,000円/一般 5,000円
継続単位:第1分野2単位 第2分野2単位

特典:参加者には「困ったときのDC Q&Aブック」(定価800円)を差し上げます

お問い合わせ  master@nenkinnet.org へ


「厚生年金基金の新法施行と今後の動向」セミナー

1.日時 : 平成26年3月19日(水) 19:00 ~ 20:50 受付 18時30分~
2.場所 : 中央大学駿河台記念館 6階 600号室
3.定員 : 25名(申し込み先着順)
4.参加費: 認定会員(2,000円) 、一般(4,000円)、※セミナー会員(3,000円)
5.DC協会継続教育単位:  第2分野 2単位
6.申し込み方法:
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
     参加費用はお振り込みをお願いいたします。
      master@nenkinnet.org へ
  ※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(登録料無料)
   アドレス登録はこちら
 
参加費用の振込先 (事前振り込み)
・三井住友銀行 神田支店 普通
  口座番号:2917195
  口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会

・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
  口座番号:0059631
  口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
 トクテイヒエイリカツドウホウジンカクテイキョシュツガタネンキンキョウイクフキュウキョウカイ

・郵便振替
   口座記号番号 00110-2-546741
   口座名義:特定非営利活動法人DC協会
    トクテイヒエイリカツドウホウジンディーシーキョウカイ


このページのトップへ

2014年(平成26年)2/5  東京
人事担当者のためのDC実務セミナー:
制度の法改正のポイントと
金融機関が教えてくれない 従業員のための年金教育の秘訣

 第1部では昨年改正された確定拠出年金法改正への対応、また、今年改正された「高年齢者雇用安定法」への対応について事例を交え、注意点をわかりやすくご説明いたします。
第2部ではDCの成功の要ともいわれる投資教育について金融機関のセミナーでは聞けない視点から成功の秘訣、事例をご紹介いたします。日ごろの疑問を解消する場としてぜひご活用ください。


1.日時 : 平成26年2月 5日(水) 13:30 ~ 17:00 受付 13時15分~
2.場所 : 中央大学駿河台記念館 6階 600号室
3.定員 : 25名(申し込み先着順)
4.参加費:
 認定会員(第1部、第2部両方参加 4,000円  各部のみの際は各2500円)
 一般  (第1部、第2部両方参加 6,000円 各部のみの際は各3500円)
 セミナー会員(第1部、第2部両方参加 5,000円 各部のみの際は各3000円)
5.DC協会継続教育単位:  第1分野 2単位 第3分野 2単位
6.申し込み方法:
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
     参加費用はお振り込みをお願いいたします。
      master@nenkinnet.org へ
セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。
7.特典 :
 参加者には「DC担当者のためのQ&Aブック」(定価800円)を差し上げます

セミナーカリキュラム
13:30~15:00  第1部




15:15~16:45  第2部




16:45~17:00 
17:15~18:30 
「DC法改正の注意点」
○資格喪失年齢引き上げへの対応」
○中途脱退要件、自動移換の留意点
○マッチング拠出の動向と事例紹介

「金融機関では教えてくれないDCと年金教育の秘訣」
○聞いてよかった、実施してよかったといえる教育にするために
○今後のマーケットと資産運用の考え方

質疑応答
希望者のみで懇親会(実費1~2千円程度)





2014年(平成26年)1/11  大阪

DC加入者をその気にさせる投資教育とは?
~あなたにもできる一億円入門講座~

 DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザーが基本的に知っていなければならないポートフォリオの基礎知識と投資教育の実務を一日で学習するセミナーです。石川県でDCコンサルティングと加入者向けのセミナーで、活躍される道券克則氏に投資理論と実務のポイントを分かり易く解説していただきます。運営管理機関では、絶対にお目にかかれないセミナーです。
東京で昨夏実施し、大好評でしたので、大阪での開催です。より実践的な内容をお願いしています。


1.日時 : 平成26年1月 11日(土) 10:00~16:15
2.場所 : 大阪産業創造館 5F研修室 E

3.定員 : 20名(申し込み先着順)
4.参加費:
 認定会員(第1部~第3部すべて参加の場合5,000円 各部のみの際は各2500円)
 一般  (第1部~第3部すべて参加の場合8,000円 各部のみの際は各3500円)
 セミナー会員(第1部~第3部すべて参加の場合6,500円 各部のみの際は各3000円)

 ※できるだけ第1部~第3部 の受講をおすすめします
5.DC協会継続教育単位:  第1分野3単位 第2分野1単位 第3分野3単位
6.申し込み方法:
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
     参加費用はお振り込みをお願いいたします。
      master@nenkinnet.org へ
  セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
7.講師 : 道券 克則氏 DCアドバイザー、CFP 道券氏の紹介はこちらから
※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。


セミナーカリキュラム
10:30~12:00  第1部



13:00~14:30  第2部






14:45~16:15  第3部
「基礎から徹底的に学ぶポートフォリオ理論」
投資理論の歴史と基礎理論をからポートフォリオの期待収益率と標準偏差の計算方法まで楽しくご指導いたします。

「投資基礎と行動ファイナンスの応用で組み立てる“投資教育”の実務」
投資教育の実務は、分散して長期の保有、そして定期的なリバランスを愚直に行っていただくことをお話しするだけのことと言えます。しかし、これが意外と加入者に伝えることが難しいのです。投資教育は、確率論や統計学を教えるだけではなく、大いに心理学に訴える分野なのです。

あなたにもできる!一億円入門講座」
定年を迎えた時、たとえば、ガソリンがリッター1万円となっていたとします。そのとき「わたしゃ、DCで投資元本を超えた運用をしていたんだ!」って叫んでも、そこに何の意味があると言うのでしょうか? 今現在、ガソリン100リッター買える資産を蓄えていれば、将来も同じくガソリン100リッターと交換できる資産があればそれで生活はできるわけで、購買力を落とさないことが“損をしないこと”に繋がるのです。 加入者にとって将来の生活の糧となる資産をどのようにして投資というツールを使って守る(購買力を落とさない⇒損をしない)かを学びます。


このページのトップへ

2013年(平成25年)11/13  東京
企業の企業年金ご担当者のための情報交換会 

 企業の年金ご担当者にお集まりいただき、確定拠出年金及び他の退職金制度の運営の課題について情報交換をしていただく会です。当日お話いただいた内容は匿名で後日DC協会の会報誌にご紹介させていただきます。
話題はDCの継続教育の課題等自社の紹介から、課題の解決に向けて少しでもヒントが見つかれば幸いです。座談会形式のため、人数を限定させていただきますが、ぜひ、お時間のある方はご出席ください。


1.日時 :平成25年11月 13日(水) 18:00~20:00
2.場所 : ちよだプラットフォーム 地下ミーティングルーム

3.定員 : 6名(申し込み先着順)
4.参加費: 無料
 ※終了後、懇親会を予定しております。(20:00~21:00)(実費)
5.DC協会継続教育単位:  第1分野1単位  第3分野1単位
6.申し込み方法:
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
      master@nenkinnet.org へ
セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。

※今回は企業のご担当者に限定させていただきます。会で話題になった課題等は会報誌にてご報告いたします。

2013年(平成25年)9/28 東京
  アドバイザー大会 2013
「確定拠出年金は今後どうあるべきか ~あらためて考えるDCの意義~」
本年のアドバイザー大会は確定拠出年金の意義をあらためて考えるというテーマでお送りします。
DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザーの方、及び、今後DCアドバイザー試験の受験ご予定の方等ふるってご参加ください。

 日 時 : 平成25年9月28日(土) 13時00分~16時45分 (受付12時45分~)
 場 所 : 中小企業館 9階 (銀座一丁目駅徒歩2分)
       http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html

 定 員 :  100名(先着順)
 受講料 :  DC協会会員 5千円 セミナー会員 6千円  一般 7千円
 受講料は事前にお振り込みをお願いいたします。
 継続単位:第1分野4単位 第2分野4単位 第3分野4単位

【カリキュラム】
 13:00 ~  開会のご挨拶   
 13:05 ~ 14:15 
       基調講演  タワーズワトソン ディレクター 浦田春河 氏
       「確定拠出年金は今後どうあるべきか」
 14:15 ~ 15:00 
       「DCにおけるレコードキーピングの詳細と各種異動への対応」
 15:15 ~ 16:45 
       パネルディスカッション 「企業の担当者が考えるDCの意義」
        DC導入企業のパネラーからは各社の投資教育手法の採用の経緯や
        考え方、具体的な内容、従業員の反応等をお話しいただきます。

申し込み方法 :
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
      master@nenkinnet.org へ
セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。

参加費用の振込先 事前振り込み
・三井住友銀行 神田支店 普通
   口座番号:2917195
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
   口座番号:0059631
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会

キャンセルの場合: 9月20日までにご連絡がない場合、ご返金は出来ません。

会場 
中小企業会館 最寄駅「銀座一丁目」 11番出口


 中小企業会館入り口

このページのトップへ

2013年(平成25年)9/14 大阪
厚生年金基金の行く末と加入企業の今後の対応策 

 厚生年金基金制度の見直しに関する「公的年金制度の健全性及び信頼性 の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案」が6月19日に成立しました。施行は平成26年4月の予定です。
内容的には、法律の本則で 廃止、附則で存続する厚生年金基金の扱いを定めるもので、「一部存続」といっても、実質は、制度廃止の内容となっています。既に基金向けの説明会 も開催され、解散要件の緩和は先行して10月から実施されることとなっています。
 この流れの中で厚生年金基金はどうなっていくのか、また、加入会社にどのような影響が出てくるのか、また、受け皿となる確定給付企業年金(DB) や確定拠出年金(DC)、中退共、その他の制度についても、その動向が注目されます。  この問題について詳しい年金数理人より、厚生年金基金や加入企業の今後の対応策についてお話いただきます。
日ごろの疑問を解消する場としてぜひご活用ください。


1.日時 :平成25年 9月 14日(土) 13:30~16:00
2.場所 : エル大阪
    http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
3.定員 : 30名(申し込み先着順)
4.参加費 : DC協会認定会員:3000円 セミナー会員:4000円 一般:5000円
5.DC協会継続教育単位 :
       第1分野2単位  第2分野2単位
6.申し込み方法 :
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
      master@nenkinnet.org へ
セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。

このページのトップへ


2013年(平成25年)8/7 東京
法改正後の厚生年金基金の行方 

 前半はこの6月に改正された法律の解説、後半は企業はどのように対処すべきか、厚生年金基金についての豊富なコンサルティングの実績を持つ岸田氏から具体的にお話いただきます。


日時 :平成25年 8月 7日(水)
      第1部 15:15~16:15  「厚生年金基金 法改正の解説」
                 タワーズワトソン 堀之内 俊也 氏
      第2部 16:15~17:15  「基金の動きと企業の今後の対策」
                 企業年金相談センター 理事
                   DCアドバイザー 岸田 文夫 氏
    ※セミナー終了後、DC協会の総会を予定しております。
     お時間のある方はご参加ください。
場所 :中央大学駿河台記念館 310号室
    交通アクセス (御茶ノ水駅 聖橋口から徒歩5分)
定員 :20名(申し込み先着順)
参加費:DC協会認定会員:3000円 セミナー会員:4000円 一般:5000円
            下記口座へ事前のお振り込みをお願いします。
DC協会継続教育単位: 第2分野3単位

このページのトップへ

2013年(平成25年)7/6 大阪
DC市場の最新動向 課題と展望 

 確定拠出年金の制度の復習から最新の動向までをDCに精通する講師が解説いたします。


1.日時 :平成25年 7月 6日(土) 14:00~16:00
2.場所 : 大阪府私学教育文化会館 401号室
    http://www.osaka-shigaku.gr.jp/kaikan/access/
3.定員 : 30名(申し込み先着順)
4.参加費 : DC協会認定会員:3000円 セミナー会員:4000円 一般:5000円
5.DC協会継続教育単位 :
       第1分野2単位  第3分野2単位
6.申し込み方法 :
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
      master@nenkinnet.org へ
セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。

このページのトップへ


2013年(平成25年)7/13 東京
DC加入者をその気にさせる投資教育とは? 
~あなたにもできる一億円入門講座~

 確定拠出年金(DC)の制度運営に大きくかかわることとなる「投資教育」については学習が着いて行っていないが実状のようです。 今回は、DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザーが基本的に知っていなければならない知識を学習するためのセミナーです。石川県でDCコンサルティングを行い、独自の投資教育で、活躍される道券克則氏に投資理論を分かり易く解説していただきます。運営管理機関では、絶対にお目にかかれないセミナーです。
 尚、緊急開催のため、お申し込みが10人以下の場合は開催を延期させていただく場合があります。


1.日時 :平成25年 7月 13日(土)
         第1部  10:30~12:00
         第2部  13:00~14:30
         第3部  14:45~16:15  
 ※できるだけ一日の受講をおすすめしますが、どうしてもの場合は各部での参加も可能です。
2.場所 : 中央大学駿河台記念館 350会議室
3.定員 : 10~20名限定 (申し込み先着順)
4.参加費 : DC協会認定会員:2000円 (各部の場合)一日参加 5000円
        セミナー会員  :2500円 (各部の場合)一日参加 6500円
        一般      :3500円 (各部の場合)一日参加 8000円
       下記口座へ事前のお振り込みをお願いします。
5.カリキュラム: 
 第1部 「基礎から徹底的に学ぶポートフォリオ理論」 
      投資理論の歴史と基礎理論を楽しく学びましょう。
       ポートフォリオの期待収益率と標準偏差の計算方法までご指導いただきます。

 第2部 「債券・株式運用の常識と非常識と日本版ISA(ニーサ)の使い方」
       今後、世界中で金利が上昇して行くかもしれません。金利が上がれば債券は下がる
       ⇒、債券ファンドは持たない方が...と早合点してはいけないのです。
       債券ファンドが持つ意外ともいえる運用手法をご紹介します。
       また、DC加入者と日本版ISA(ニーサ)との関わり合いの解説と
       賢い使い方のアイデアの一例を紹介します。

 第3部 「あなたにもできる!一億円入門講座」
       定年を迎えた時、たとえば、ガソリンがリッター1万円となっていたとします。
       そのとき「わたしゃ、DCで投資元本を超えた運用をしていたんだ!」
       って叫んでも、そこに何の意味があると言うのでしょうか?
       今現在、ガソリン100リッター買える資産を蓄えていれば、
       将来も同じくガソリン100リッターと交換できる資産があればそれで生活はできるわけで
       購買力を落とさないことが“損をしないこと”に繋がるのです。
       加入者にとって将来の生活の糧となる資産をどのようにして投資というツールを使って守る
       (購買力を落とさない⇒損をしない)かを学びます。

6.講師 :道券 克則 氏(DCアドハイザー・CFP)
       地元石川県で数多くのDC導入と、投資教育を手掛ける。
       わかりやすい語り口でノウハウ提供のセミナーには定評がある。

7.DC協会継続教育単位 :
      第1部 第3分野2単位 第2部 第1分野2単位 第3部 第3分野2単位
8.申し込み方法 :
     お名前、会員登録番号(認定会員のみ)、連絡先を明記の上
      master@nenkinnet.org へ
セミナー会員はDC協会ホームページから登録できます。(登録料無料)
※セミナー会員はメールアドレスを登録された方です。(無料)。月2,3回、セミナー案内を送ります。
参加費用の振込先 事前振り込み
・三井住友銀行 神田支店 普通
   口座番号:2917195
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
   口座番号:0059631
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会

このページのトップへ

2013年(平成25年)6/1 厚生年金基金セミナー(DC協会) 広島
「厚生年金基金制度改革と企業年金の新たな展開」 

AIJ投資顧問の年金消失事件をきっかけに、厚生年金基金制度の課題がクローズアップされ、昨年末より社会保障審議会年金部会の専門委員会で制度改革の方向が議論されてきましたが、このほど、改革法案の概要が固まり、今国会に提出される運びとなりました。 今回のセミナーでは、厚生年金基金制度改革というホットなテーマを中心に企業年金の今後について、厚生年金基金・企業年金基金常務理事として8年間の実務経験のある講師より、わかりやすく解説していただきます。
企業年金制度の過去・現在・将来についてあらためて勉強しなおす良い機会になりますので、ふるってご参加下さい。


1.日時 : 平成25年6月1日(土)、午後1時30分~15時45分
 《午後1時15分に受付開始》 
2.場所 :広島YMCAホール(広島YMCA国際文化センタ-)3号館3-D
3.定員 : 30名 (申し込み先着順)
4.参加費 : DC協会会員 3000円、 セミナー会員 4000円 一般 5000円
 セミナー会員はDC協会にアドレスを登録し(無料)メールでセミナーの案内を受信する会員です。
http://nenkinnet.org/mail/mail.html
5.テーマ : 「厚生年金基金制度改革と企業年金の新たな展開」
6.講師 :塩田 耕三 氏(DCアドバイザー、社会保険労務士、中小企業診断士)
7.DC協会継続教育単位 : 第1分野4単位 第2分野4単位 第3分野4単位
8.参加申し込み方法 :
受講希望者は住所、氏名、会員番号を明記の上、メールにてDC協会へお申し込み下さい。
E-mail: master@nenkinnet.org
このページのトップへ
 



 
資格取得講座


2013年(平成25年)6/15~  東京
DC協会資格取得セミナー
「年金・退職金総合アドバイザー資格講座」
 

全6回中、5回以上セミナー受講の方で、協会に登録された方には「年金・退職金総合アドバイザー」の資格が付与されます。登録には入会費10,000円年会費10,000円が必要です。
※5回以上受講のかたは「DCアドバイザー試験(2013年12月実施)」の第2分野が免除されます。

日 程
第1回 6月15日(土)13:30~16:00
「企業年金制度の概要」 講師:植村 昌機
・厚生年金基金・確定給付企業年金・キャッシュバランスプラン
・確定拠出年金・前払い制度 
・中小企業における退職金制度、中退共、総合型厚生年金基金、総合型確定拠出年金
・受託者責任と年金ガバナンス単位
単位:第1分野3単位


第2回   6月22日(土)10:30~13:00 
「企業年金制度の再編」  講師:植村 昌機
 ・確定給付企業年金への移行・キャッシュバランスプランへの移行
 ・確定拠出年金制度への移行・中退共への移行
 ・企業年金の通算制度・厚生年金基金の見直し案の解説、移行先制度の検討
 ・給付減額・受給権保護法制の解説
単位:第2分野-3単位


第3回 6月22日(土)14:00~16:30
「確定拠出年金の制度設計」講師:宮本 一弘
 ・確定拠出年金の運用実態と想定利回りの考え方
 ・確定拠出年金の給付設計
 ・確定拠出年金の事業主責任と労使の役割
 ・マッチング拠出の活用
 ・確定拠出年金の普及状況単位
単位:第1分野-3単位


第4回6月29日(土)10:30~13:00
「確定拠出年金制度における投資教育のあり方」  講師:宮本 一弘
 ・確定拠出年金の運用の考え方
 ・資産運用の基礎知識
 ・金融商品の基礎知識
 ・確定拠出年金の投資教育の内容と水準、考え方
 ・確定拠出年金の今後の課題と展望
単位:第3分野-3単位


第5回  6月29日(土)14:00~16:30

「退職給付会計と年金財政を理解する」  講師:年金数理人
 ・退職給付会計
 ・年金財政
 ・IFRSの動向
単位:第2分野-3単位


第6回 7月10日(水)18:30~20:30    中央大学駿河台記念館
記念講演「企業年金の課題と展望」
単位:第3分野-3単位


             ※内容は変更の可能性があります。


講師紹介
 
宮本 一弘(DCアドバイザー、CFP)
1962年早稲田大学第一法学部卒業、NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事 日立製作所で家電・住設システムと自動車機器の事業分野で事業部業務と直接営業に従事。
中部支店自動車機器部長、自動車機器事業部営業部長、 総合住宅システム推進本部システム技術部長、同本部次長等を歴任 会社退職後、NPO法人設立に参画。

 
植村 昌機 (DCアドバイザー、AFP、社会保険労務士)
1964年早稲田大学第一法学部卒業、NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事・兼事務局長日本経済新聞社で出版業務に従事、出版企画部長。テレビ愛知に出向、総務部長、人事部長を歴任。 会社退職後、NPO法人設立に参画。



参加費用
一般    :48,000円(8,000円×6回)
セミナー会員:30,000円(5,000円×6回)
認定会員  :18,000円(3,000円×6回) (全て資料代込)
※セミナー会員はメールアドレスをご登録された方です。


定 員
先着40名

このページのトップへ
 
 

2012年(平成24年)9月 「年金・退職金総合アドバイザー」資格取得講座2012
 東京
年金・退職金総合アドバイザー資格取得講座
 DC協会主催の研修を受講された方が取得できる新しい資格です。
 公的・私的年金全般、退職金制度にわたる基本的な知識、企業年金の専門的な情報提供を通して、「退職前準備教育」と個人に豊かな老後のライプラン提案ができる知識の取得をめざします。 
基礎から学ぶ内容です。

主 催  淑徳大学・NPО法人確定拠出型年金教育・普及協会(DC協会)
講 師  DC協会 講師陣
日 時  平成24年9月9日(日)、9月16日(日)、9月23日(日) 9時00分~18時00分
定 員  30名
受講料  30,000円
会 場  淑徳大学池袋サテライト・キャンパス(池袋駅東口より徒歩2分)
 全回受講された方にはDC協会に登録された方には「年金・退職金総合アドバイザー」資格の登録ができる権利が付与されます。
また、第23回DCアドバイザー試験の第2分野が免除されます。

日程
----------------------------------------------------------
1. 1日目 9月9日(日)    9:45 受付
10:00 オリエンテーション・開講式 
10:30 1)ライフプランと企業年金(退職金)の活用① 第3分野2単位
13:10 2)ライフプランと企業年金(退職金)の活用② 第3分野2単位
14:50 3)退職前手続きの実務 第3分野2単位
16:30 4)DC協会のeラーニング
18:00   終了
----------------------------------------------------------
2. 2日目 9月16日(日)  9:00 受付     
9:40 5)日本の年金・退職金制度の概要と問題点① 第3分野2単位
10:50 6)日本の年金・退職金制度の概要と問題点② 第1分野2単位
13:10 7)公的年金の基礎知識① 第2分野2単位
14:50 8)公的年金の基礎知識② 第2分野2単位
16:30 9)現場からみた企業年金 第1分野2単位
18:00   終了
----------------------------------------------------------
3. 3日目 9月23日(日)  9:00 受付
9:40 10)企業年金制度の詳細① 第2分野2単位
10:50 11)企業年金制度の詳細②(確定給付型)第1分野2単位
13:10 12)企業年金制度の詳細③(確定拠出型)第1分野2単位
14:50 13)確定拠出年金の投資教育 第3分野2単位
16:30 14)まとめ
18:00    閉講式
18:10    終了
----------------------------------------------------------
※プログラムについては若干の変更がある場合があります。
記念講演は10月3日(水)に別途行います。  
このページのトップへ
 





2013年(平成25年)5/2 東京
緊急開催!「厚生年金基金 勉強会」 

 ゴールデンウイーク谷間の夜を今話題の厚生年金基金の勉強会で過ごしませんか?

 今回は厚生年金基金の見直し法案が閣議決定されたのを受けて、この問題に明るい年金数理人講師により、 厚生年金基金について、法案解説や今後の課題を中心にお話いただきます。 少人数での勉強会形式でできるだけ参加者の方の質問にお答えいただく予定ですので、日ごろの疑問を解消する場としてぜひご活用ください。
 尚、緊急開催のため、お申し込みが10人以下の場合は開催を延期させていただく場合があります。


1.日時 : 平成25年5月2日(木) 午後6時00分~20時00分(2時間)
       《午後5時45分に受付開始》 
2.場所 : 千代田プラットホーム 地下ミーティングルーム
3.定員 : 10~20名限定 (申し込み先着順)
4.参加費 : DC協会認定会員:2000円 セミナー会員:2500円 一般:3500円
        ※参加費用は当日お支払いください。
5.テーマ : 「厚生年金基金 勉強会」
6.講師 :年金数理人
7.DC協会継続教育単位 : 第2分野2単位 (DC協会認定会員)


2013年(平成25年)4/18 神奈川支部 東京
「平成25年度税制改正について」 
相続税制、雇用促進等構造改革的な25年度改正
DCアドバイザーが取得すべき基礎的知識

 平成25年度の税制改正は、従来から取りざたされていた通り、相続税が基礎控除の縮小、最高税率の引き上げにまで及び、一方では教育資金の一括贈与等次世代への資金移転が促進される等かなり本格的な改変を打ち出してきました。また法人税では、雇用促進や給与引き上げを促進する優遇策が採られ、生産設備償却、研究開発費控除等も拡充されました。また非課税投資制度(日本版ISA)も来年のスタートに向けて見直しがされます。 このように例年の改正より一段と構造改革的な色彩を盛り込んできたことは特に注目されるところです。 DCアドバイザーとして、従業員のライフプランを基盤とした投資教育ノーハウを高めるためにも、また、企業の労務・財務政策の観点から企業年金のあり方をアドバイスする背景把握のためにも、必要な知識であり、吸収すべき内容かと思います。今回は、税制を広い視野から見、論理的な説明をされ、多摩大学大学院客員教授としても活躍される 税理士 八ツ井久嘉氏を講師としてお迎えし、研鑽の一夜を過ごしたいと存じます。


1.日時 : 平成25年4月18日(木) 午後6時30分~8時30分(2時間)
 《午後6時10分に受付開始》 
2.場所 : 千代田プラットホーム401号会議室
3.定員 : 40名 (申し込み先着順)
4.参加費 : DC協会会員 3000円、 一般(DC協会非会員) 5000円
(DCアドバイザーかながわネットワーク会員の参加費は年会費にて充当)
5.テーマ : 「平成25年度税制改正について」
6.講師 :八ツ井 久嘉氏
7.DC協会継続教育単位 : 2単位 (第3分野)

このページのトップへ

人事担当者必見 知らなかったでは済まされない!
「高齢者雇用安定法の改正~実践と活用ポイント」

 2013年4月より高年齢者雇用安定法が改正され、希望者全員の65歳まで継続雇用が義務付けられます。
 3月末までに労使協定や就業規則の変更など、対処しておかなかければならないことも意外に準備されていません。
 今回は企業のご担当者様と企業へのアドバイスを求められる方には最低限知っておかなければならない改正内容のポイントと今後の高年齢者の活用について実践的に解説いたします。

■内容
 ・高年齢者雇用安定法の概要。
  (希望者全員の65歳まで継続雇用が義務付けられます。)
 ・経過措置を受けるためには、3月末まで整備が必要なこと。
  (労使協定により再雇用の「基準」の明確化など)
 ・高年齢者の継続雇用に関する助成金
  (一部は、この3月末がラストチャンスとなります。)
 ・高年齢者の活用のポイント
  (成功事例など)
 ・高年齢者雇用にむけての賃金体系の改定の考え方

時間:18時30分~20時30分受付 18時15分~
場所:中央大学駿台記念館 360号室
     (住所)千代田区神田駿河台3-11-5 (御茶ノ水駅 聖橋口から徒歩5分)

定員:30名(先着順)

参加費: 認定会員:3,000円 セミナー会員:4,000円 一般:5,000円  
      (銀行振り込みをお願いいたします。)
参加費用の振込先 事前振り込み
     ・三井住友銀行 神田支店 普通
      口座番号:2917195
      口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
     ・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
      口座番号:0059631
      口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会


講師: 牧村 博一 氏
       (DCアドバイザー・中小企業診断士・社会保険労務士)
継続教育単位:第1分野2単位 

申し込み方法:メールまたはファックスにてお名前、会員番号(認定会員の場合)
  master@nenkinnet.org へお送りください。
セミナー会員の場合はお名前、連絡先(メールアドレス)、をお願いします。
DC協会 FAX03-3222-6008
このページのトップへ


2013年(平成25年)3/7 東京
中小企業の退職金制度を考える (続編)
企業年金、退職金、生命保険、厚生年金基金等の最新情報

 中小企業の退職金制度をテーマに2部構成でお送りするセミナーです。 第一部では中小企業の退職給付制度として利用する場合の養老保険ハーフタックスプランの問題点を中小企業退職金共済および企業型DCと比較してお話しいたします。
 第二部ではアクチュアリーの方をお迎えし、第一部の内容を踏まえて、4月から一部の生命保険料が値上がりとなることや、生命保険業界の今後の動きについてお伝えいたします。厚生年金基金の動向と基金廃受け皿という観点から企業年金、退職金に関する最新の情報をお伝えいたします。
お誘いあわせの上、ご参加ください。
  
日時:3月7日(木)18時30分~20時45分  受付 18時15分~
場所:中央大学駿河台記念館 350会議室
   千代田区神田駿河台3-11-5  
定員:30名(先着順)

参加費: 認定会員:4,000円 セミナー会員:5,000円 一般:6,000円  
      (銀行振り込みをお願いいたします。)
前日までにキャンセルのご連絡が頂けなかった場合、受講料の返金はできません。当日キャンセルの方には資料をご郵送いたします。
カリキュラム:
■第一部 退職給付制度に使ってはいけない!~ 養老保険は本当に有利か?
■第二部 厚生年金基金の最新動向と受け皿制度について 

セミナー終了後に、懇親会(会費3,000円程度)を用意しております。
※参加人数が少ない場合は懇親会は開催しないこともあります
参加費用の振込先 事前振り込み
     ・三井住友銀行 神田支店 普通
      口座番号:2917195
      口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
     ・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
      口座番号:0059631
      口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会


講師:宮原 操子 氏(第1部)
プロフィール:中小企業の企業年金・退職金制度の再構築・新規導入を主に手掛けている。
金融機関、社会保険労務士会、FP協会支部等でのセミナーで企業年金・退職金についての講師も務めており、企業年金・退職金制度に関する執筆も多い。最近では厚生年金基金や加入している事業所からの相談も多く、総合的なコンサルティングを行っている。  DCアドバイザー・企業年金総合プランナー (1級DCプランナー)。

継続教育単位:第1分野1単位 第2分野2単位

申し込み方法:メールまたはファックスにてお名前、会員番号(認定会員の場合)
  master@nenkinnet.org へお送りください。
セミナー会員の場合はお名前、連絡先(メールアドレス)、をお願いします。
DC協会 FAX03-3222-6008



このページのトップへ

2013年(平成25年)2/9 名古屋
「基礎から学ぼう“厚生年金基金”実践講座」

 平成25年2月は例年になく総合型基金から任意脱退する設立事業所が多くなりそうです。「AIJ問題」や「基金廃止」などの報道の影響なのでしょうが、そのような折には『自分は基金についてなにも知らないんだ』と自覚する人の数が急増する時期でもあります。
 クライアントに「任せなさい!」と言えるだけの知識とテクニックを身に付けて下さい。実践形式の講座です。
詳細はこちらからも(PDF)
◆たとえば以下の質問、いくつ「任せなさい!」と言えますか?
①加入者・待機者・受給者からの質問
 ・「基金が解散したら、給料から天引きされている基金掛金は掛け捨てになるんですか?」
 ・「会社が基金から脱退するんですが、選択一時金を受取らない場合の影響を教えて下さい?」
 ・「企業年金連合会から基金加入時代の年金を受給していますが、これって大丈夫ですよね」
②基金設立事業所からの質問
 ・「緩和や特例措置って支払が楽になる制度なんですか?」
 ・「任意脱退を考えています。何かアドバイスをいただけませんか?」
 ・「財政計算書を見ても、何書いてあるか全くわけが分からないんです。うちの基金は相当痛んでいますか?」
③基金の理事さんからの質問
 ・「今の基金制度って、ファンド(基金)それとも保険?」
 ・「幹事生保は大丈夫だ、を言い続けていますが、別の見地から一度内容を精査してみて下さい。」
 ・「第二のAIJって存在するのしないの?」


時間:10時00分~12時00分 初級編
   13時00分~16時00分 中級・上級編
※午前、午後と個別に受講できます。電卓をご持参ください
場所 :名古屋国際会議場 会議室437
    http://www.nagoya-congress-center.jp/access/index.html
定員 :25名
参加費:認定会員:午前 初級編 3,000円 午後 中級・上級編 3,000円
           午前・午後とも参加の場合 5,000円
    一般:午前 5,000円 午後5,000円 午前・午後とも参加の場合8,000円
      セミナー会員:午前 4,000円 午後4,000円 午前・午後とも参加の場合6,000円
■第1部 「厚生年金基金制度の建付けはこんなもの」    (初級編)
    ・基金規約の見方から、なぜ代行割れが発生したのかまで
■第2部 「解散・任意脱退で会社と加入者は何がどう変わる」(中級編)
    ・財政計算書のポイントと加入者への説明、さらに任意脱退までのプロセス
      ・任意脱退時に一括拠出すべき“特別掛金”の計算の実際

→『あなたは、この“全国DCアドバイザー厚生年金基金”の設立事業所にどうアドバイスするか』   ※“全国DCアドバイザー厚生年金基金”は仮想の基金です。
■第3部 行こか、抜けよか基金の今後」        (上級編)
※ 今後の厚生労働省部会での審議内容により一部変更する場合もあります。
講師:道券 克則 氏
DCアドハイザー・CFP(数多くの中小企業の基金の脱退を手がける事業再生スペシャリスト、わかりやすい語り口でノウハウ提供のセミナーには定評がある。)
継続教育単位:第1分野2単位 第2分野2単位(午前の部)
       第1分野2単位 第2分野2単位 第3分野4単位(午後の部)
申し込み方法:メールまたはファックスにてお名前、会員番号(認定会員の場合)
  master@nenkinnet.org へお送りください。
セミナー会員の場合はお名前、連絡先(メールアドレス)、をお願いします。
DC協会 FAX03-3222-6008
このページのトップへ
 




2012年(平成24年)12/11
「危ない厚生年金基金の見分け方とその対処策」
 厚生年金基金問題は新しい展開を迎えつつあります。 AIJ事件をキッカケに政府もこの問題に新しい政策を検討していますが、政治の動きも予想しがたく、どのような展開になるのか不透明なままです。AIJ事件は厚生年金基金という制度そのものが内包する矛盾と欠陥が露呈した一局面にすぎません。これを機会に、皆様の得意先企業が加入している厚生年金基金がどのような財政状態にあり、将来順調に年金給付サービスを続けて行けるのかをチェックしてみましょう。 もし問題ありとしたら
・会社として、今後も相次ぐ掛金引き上げや給付減額に耐えられるでしょうか?
・危ない基金からは脱退したいのだが、脱退拠出金がどれくらいかかるのだろう?
・いっそ基金を解散したらとも思うけど、解散と脱退との利害得失はどう考えればよいのか?
 こういう問題を1つ1つ、厚生労働省の今後の政策展開も加味して総合観察してゆくうちに、皆様の関係する会社にとって最も適切なとるべき方途が見えてきます。
 困ったことに、厚生年金基金については、適格年金の場合のように相談できる金融機関がありません。(基金の幹事銀行は、基金事務局のアドバイザーで、加入企業の相談には耳を貸しません。)
今回は、このようの困惑する企業のコンサルタントとして10年に亘って基金の問題に対処してきた 企業年金相談センターの主力コンサルタントを講師に迎え、基金問題についての企業へのアドバイスのキーポイントを学習してみたいと思います。

日時:
 平成24年12月11日(火) 午後6時30分~8時30分(2時間)
 《午後6時10分に受付開始》

場 所: かながわ県民センター 15階1501号会議室
定 員: 30名 (申し込み先着順)
テーマ: 「危ない厚生年金基金の見分け方とその対処策」

講 師:砂田昌次郎 (企業年金相談センター会長)
    岸田文夫 (同センター主席コンサルタント)

参加費 : DC協会会員 3000円、 一般(DC協会非会員) 5000円
 (DCアドバイザーかながわネットワーク会員の参加費は年会費にて充当)


継続単位 : 第3分野 2単位
 なお、FP協会との話合いに齟齬があり、FPの継続教育単位取得については、今回は適用されないこととなりましたので、その旨ご承知下さい。準備に手違いがありまして、まことに申しわけありません。

このページのトップへ


2012年(平成24年)11/10
『高年齢者雇用安定法の改正点』(仮題)
 来年(平成25年)4月から、いよいよ厚生年金が60歳から支給されない時代が始まります。こうした年金制度の動きに呼応して、労働法制の側からは60歳以降の雇用拡大を企図して、「高年齢者雇用安定法」が改正されております。それでは、今回の改正で、法制面ではどのような変更点があり、また、企業やその従業員に対して、どのような影響が考えられるのでしょうか。
 当支部では今回、千葉労働局から高齢者対策担当官をお招きし、法改正の詳細等について解説をお願い致しました。DCアドバイザー及び年金・退職金総合アドバイザーの皆様におかれましては、公的年金・企業年金を取り巻く法制面の理解に、また情報収集の場などとして、当セミナーを是非ご活用下さい。

日時:
 11月10日(土)13時30分~3時30分(2時間)

場 所:市川教育会館 2階 第一会議室
   市川市南八幡1-10-19 TEL 047-376-0770
   JR総武線本八幡駅から徒歩3分
  URL(地図) http://www.ichikawa-town.com/map/ik016018/

テーマ:『高年齢者雇用安定法の改正点』(仮題)

講 師:千葉労働局 職業安定部 職業対策課
  高齢者対策担当官  若林 正一氏

参加費:DC協会会員2,000円、一般2,500円


継続単位:第2分野 2単位

このページのトップへ


2012年(平成24年)10/17、10/24
DCの投資教育を実施されたい方(企業のための)DC協主催セミナ―
「確定拠出年金の投資教育ライフプランセミナー」
 確定拠出年金の制度運営において、加入者の投資教育は重要な課題です。今回は制度の基礎知識から運営責任、退職前の教育、ライフプランを含め、マッチング拠出活用した教育の一例など、確定拠出年金のご担当者向けに具体的なセミナーを行います。
 運営管理機関とは違う観点からの情報提供です。実践的な情報を増やす場としてぜひご活用いただき、適切な制度運営に生かしていただければ幸いです。

日時:
 第1回10月17日(水)18時30分~20時50分 
 第2回10月24日(水)18時30分~20時50分

参加費: DC協会認定会員:全2回 7,000円(個別の場合各回3,500円)
      セミナー会員 :全2回 9,000円(個別の場合各回5,000円)

会場: 中央大学駿河台記念館 600号室 
 カリキュラム:
 10月17日:「DC制度の運営責任と投資教育の重要性」 講師 山中伸枝
       ・DC制度の基礎知識、受け取り方、運営責任
       ・マッチング拠出を活用した投資教育
      継続単位(第1分野2単位 第3分野1単位)

 10月24日: 「ライフプランと退職前教育の実務」講師 成宮正和
       ・ライフプランと退職者・退職前後手続き相談の実務
       ・DCの投資教育の一例
      継続単位 (第2分野2単位 第3分野1単位)


2013年(平成25年)2/6 東京
投資のプロに聞く
「2013年日本の株式市場の展望」

 11月に衆議院解散が決定して以降、大幅な上昇を続け、1月11日には一時1万800円を超えました。2013年の日本の株式市場はどうなるのでしょうか?はたして、このまま上昇機運が続くのでしょうか?
年金運用実績最高位の投資顧問会社の日本株ファンドマネージャーで独自の哲学で優秀なパフォーマンスを上げる山本潤氏に独自の展望と解説をお話いただきます。
DCアドバイザーのために特別にお願いした企画です。お時間のある方はぜひご参加ください。
  
日時:2月6日(水)18時30分~20時30分  受付 18時15分~
場所:東宝土地 高橋ビル
   千代田区神田神保町3-2 (地下鉄『神保町A1、A2出口』から徒歩2分)
   

定員:30名(先着順)

参加費: 認定会員:3,000円 セミナー会員:4,000円 一般:5,000円  
      (銀行振り込みをお願いいたします。)
参加費用の振込先 事前振り込み
     ・三井住友銀行 神田支店 普通
      口座番号:2917195
      口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
     ・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
      口座番号:0059631
      口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会


講師: 山本 潤 氏

継続教育単位:第3分野2単位 

申し込み方法:メールまたはファックスにてお名前、会員番号(認定会員の場合)
  master@nenkinnet.org へお送りください。
セミナー会員の場合はお名前、連絡先(メールアドレス)、をお願いします。
DC協会 FAX03-3222-6008


※ 本セミナーは情報提供を目的にしたセミナーです。
※ 特定の銘柄や商品を推奨するセミナーではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います
このページのトップへ

2013年(平成25年)1/23 大阪
「厚生年金基金を巡る現状と中小企業退職年金の今後」

 AIJ投資顧問による年金消失事件をきっかけに、厚生年金基金の財政運営が加入中小企業の経営に重大な影響を及ぼすという事実が表面化しました。多くの中小企業は自社従業員の退職金の積立て手段として企業年金の一形態である厚生年金基金に加入していますが、そのしくみが国の厚生年金とも関わっているため複雑を極め、十分な理解のないままに、経営リスク管理が疎かになっていたことが事件の背景になっています。セミナーでは、厚生年金基金のしくみと危機の実態を明らかにしたうえで、厚生年金基金の廃止議論も踏まえ、退職金・企業年金全般について中小企業はどう取組むべきかを経営リスク管理の観点から解説します。


日時 :2013年1月23日(水)、18時30分~20時30分受付 18時15分~
場所 :大阪産業創造館 5階 研修室E
    http://shisetsu.sansokan.jp/access.html
定員 :40名
参加費:DC協会会員:3,000円 、セミナー会員(要アドレス登録):4,000円
    一般:5,000円
テーマ:「厚生年金基金を巡る現状と中小企業退職年金の今後」
講師 塩田耕三氏
      塩田経営&社会保険労務士事務所代表
      DCアドバイザー、中小企業診断士、社会保険労務士
   継続教育単位: 第2分野3単位
申し込み方法:メールまたはファックスにてお名前、会員番号(認定会員の場合)
  master@nenkinnet.org へお送りください。
  セミナー会員の場合はお名前、連絡先(メールアドレス)、をお願いします。
  DC協会 FAX03-3222-6008
講師紹介
塩田耕三 (DCアドバイザー、中小企業診断士、社会保険労務士)
1969年東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。国内外にて 国際金融業務に従事。1998年より教育事業会社に勤務の間、厚生年金基金・企業年金基金常務理事を8年間勤める。2011年より中小企業診断士、社会保険労務士として、経営戦略策定・財務・人事労務管理等中小企業の経営支援とともに、企業年金運営管理やライフプランセミナー等年金関連業務を行っている。

このページのトップへ

2012年(平成24年)12/22
「厚生年金基金を巡る現状と中小企業の企業年金に対する経営リスク管理」
「ライフプランと長期・分散投資」

 AIJ投資顧問による年金消失事件をきっかけに、厚生年金基金の財政運営が加入中小企業の経営に重大な影響を及ぼすという事実が表面化しました。多くの中小企業は自社従業員の退職金の積立て手段として企業年金の一形態である厚生年金基金に加入していますが、そのしくみが国の厚生年金とも関わっているため複雑を極め、十分な理解のないままに、経営リスク管理が疎かになっていたことが事件の背景になっています。セミナーでは、厚生年金基金のしくみと危機の実態を明らかにしたうえで、厚生年金基金の廃止議論も踏まえ、退職金・企業年金全般について中小企業はどう取組むべきかを経営リスク管理の観点から解説します。
また、宮崎でFPとして活躍されるDCアドバイザーの山元氏からはライフプランと長期投資の考え方を解説していただきます。


日時 :2012年12月22日(土)、13時30分~16時10分
受付13時15分~
場所 :福岡 深見ビル
    http://www.fukami-kousan.jp/index.htm
定員 :20名
参加費:DC協会会員:3,000円 、セミナー会員(要アドレス登録):4,000円
    一般:5,000円
テーマ:「厚生年金基金を巡る現状と中小企業の企業年金に対する経営リスク管理」
講師 塩田耕三氏
      塩田経営&社会保険労務士事務所代表
      DCアドバイザー、中小企業診断士、社会保険労務士
    「ライフプランと長期・分散投資」
講師 山元浩一氏  CFP,DCアドバイザー
継続教育単位「: 第1分野3単位、第2分野3単位、第3分野3単位
申し込み方法:メールまたはファックスにてお名前、会員番号(認定会員の場合)
  master@nenkinnet.org へお送りください。
  セミナー会員の場合はお名前、連絡先(メールアドレス)、をお願いします。
  DC協会 FAX03-3222-6008
このページのトップへ

2012年(平成24年)12/12
「中小企業の退職給付制度はどうあるべきか」
 AIJ事件をきっかけに厚生年金基金も廃止に向け、大きく動き出したようです。
厚生労働省では「厚生年金基金制度の見直しについて(試案)」H24年11月2日付の中で、中小企業の受け皿として、「キャッシュバランスプランの給付設計の弾力化」や「集団運用型DC(仮称)の創設」を掲げています。
 一方で、中小企業向けには、適格退職年金廃止の受け皿として、中小企業退職金共済や特定退職金共済、生命保険を活用した退職金制度なども使い勝手の面から多く導入されています。
 本当の意味で中小企業にふさわしい退職給付制度はどうあるべきか、各方面に詳しい年金数理人、生保活用の中小企業の退職金制度のコンサルタントとして信頼の厚いソニー生命ライフプランナーの田中健一氏、選択型DCを中心にFPとしても幅広く活躍されるDCアドバイザーの山中伸枝氏の3名をお呼びし、それぞれの講演とパネルディスカッションを開催したいと思います。
   特に年金数理人講師からは、厚生年金基金やDB・DC、ハイブリッド年金など企業年金の最新動向を解説いただく予定です。 パネルディスカッションでは、DB、DC、中退共といった制度のメリット、デメリットに加え、事業主の本音・見逃される退職給付制度の問題点など、具体的事例も交え、触れていく予定です。
 企業年金制度や退職金制度についての最新情報が得られる良い機会ですので、奮ってご参加ください。

1.日時 :2012年12月12日 18時30分~20時30分
2.場所 :神保町高橋ビル 千代田区神田神保町3-2
        http://www.toho-tochi.jp/
        地下鉄『神保町A1、A2出口』から徒歩2分
3.定員 :30名
4.参加費:認定会員2500円 セミナー会員3500円 一般4000円(当日受付にてお支払いください。)
5.テーマ:「中小企業の退職給付制度はどうあるべきか」
6.継続教育単位: 第1分野1単位 第2分野1単位
7.参加申し込み方法:メールまたはファックスにてお名前、会員番号(認定会員の場合) master@nenkinnet.org へお送りください。
  セミナー会員の場合はお名前、連絡先(メールアドレス)、をお願いします。

このページのトップへ

2012年(平成24年)10/3
DC協会記念行事 第4弾 
記念講演 「企業年金の課題と展望」

日時:10月3日 18:00~20:30
  18:00~19:30 「加入者の立場から考える確定拠出年金の今後の課題」
          NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク
          副代表理事 宮本 一弘氏
・確定拠出年金の施行状況      ・運用実態の評価
・運用成績から見える問題点     ・ 課題と解決策の考え方
・「年金確保支援法」による変更点  ・懸案として残っている事項
・企業型DCのメリット
 
  19:30~20:30 記念講演 「企業年金の課題と展望」
          厚生労働省年金局 企業年金国民年金基金課長
          渡辺 由美子氏
・企業年金の概況  
・DC制度をめぐる動き
・AIJ問題と企業年金
・厚生年金基金等の資産運用 
・財政運営 に関する有識者会議
・財政運営の在り方
・厚生年金基金制度をめぐる課題
 
会場: 東京都産業労働局秋葉原庁舎 3階 第4会議室
    (東京都千代田区神田佐久間町1-9)
    
http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/akiba.html
継続単位:第1分野1単位、第2分野2単位
 
※淑徳大学でのセミナー(9月)に出席された方と下記DC協会主催セミナ―全2回(10月17日、24日)を受講の方は無料です。
※10月3日のみ受講希望の場合は資料代1,500円(セミナー会員の場合2千円) のお振込をお願いします。(資料代として)
 

 
このページのトップへ
 

2012年(平成24年)7/26
DC協会記念行事 第3弾 
記念講演 「企業年金の課題と展望」
「成熟期をむかえた企業年金」
 
日時:7月26日 18時~20時40分
   18時~19時 記念講演 「企業年金の課題と展望」
        企業年金連合会 専務理事 皆川尚史 氏
   19時05分~20時35分
   「成熟期を迎えた企業年金」 
   DCアドバイザー、元キューピー企業年金基金常務理事 錦織 隆生 氏
    
場所: 東宝土地(株) 高橋ビルヂング 6階 (東京都千代田区神田神保町3-2)
継続単位 :第3分野2単位
申込み:お名前、会員番号、セミナー会員の場合は企業名も必ず、添えて
 master@nenkinnet.org までお申込みください。 

講師紹介
皆川 尚史
1976年旧厚生省入省。その後、在米日本国大使館、北海道庁勤務などを経て、厚生省保険局・年金局・福祉部局・大臣官房の課長職を歴任し、大臣官房審議官、国立病院機構管理担当理事。現在は企業年金連合会専務理事を務める。
--
※講演は18時開始になります。ご注意ください。
記念講演が錦織氏の講演の後になる場合があります。
また、企業年金連合会の別の講師になる可能性がありますので、ご了承願います。
6月23日、または7月14日出席の方は出席可能です。
※2012年「年金・退職金総合アドバイザー資格講座」の参加者も無料で出席可能です。

お席と資料の準備の都合がありますので、出席のご連絡をいただいていない方でご出席できる場合は必ず、ご一報くださいますようお願いいたします。

それ以外の方の参加費用は2千円になります。(セミナー会員3千円)
(当日6F受付にてお支払ください。)
万一、キャンセルの場合は必ずご連絡ください。
--
 高橋ビル入り口
 

このページのトップへ



2012年(平成24年)7/14
  DC協会記念行事 第2弾
DCアドバイザー大会「確定拠出年金の10年と今後の展望」他
昨年東日本大震災のため、記念行事を行うことができませんでした。
そこで、今年はDC を含め、適年から今話題の厚生年金基金、そして確定給付企業年金と、「企業年金」を考えるセミナーを6 月から7 月にかけて行います。記念行事の第2段は確定拠出年金を中心にDCアドバイザー大会を行います。
大会後総会を予定しておりますので、お時間あるかたはぜひご出席ください。

 日 時 : 平成24年7月14日(土) 12時30分~16時30分 (受付12時~)
 場 所 : 中小企業館 9階 (銀座一丁目駅徒歩2分)
       http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html

 定 員 :  100名(先着順)
 受講料 :  DC協会会員 6千円 セミナー会員 7千円
 受講料はお振り込みをお願いいたします。
 【カリキュラム】
 12:30 ~ 開会のご挨拶   
 12:35 ~ 14:05  「確定拠出年金の10年と今後の展望」
 企業年金連合会 会員センター調査役 山崎俊輔 氏
 14:10 ~ 14:55  「マッチング拠出導入から見えてくる成果と問題点」
   ユーシービージャパン株式会社
   管理本部 アソシエイト・ディレクター 坂井勝正 氏
 15:00 ~ 16:30 「最近の労働問題を考える」 弁護士 森本慎吾 氏
 16:40 ~ 16:50 総会を予定しております。お時間のある方はご出席下さい。
 お申込みについて
6月23日とすべて合わせご出席の方には受講料の割引があります。詳細は下記ご確認ください。
詳細とお申込みはこちらから(PDF版)
ワード版はこちら

中小企業会館 最寄駅「銀座一丁目」 11番出口

 中小企業会館入り口

このページのトップへ
 


2012年5月~6月「年金・退職金総合アドバイザー資格取得講座」
年金・退職金総合アドバイザー資格取得講座
 DC協会主催の研修を受講された方が取得できる新しい資格です。
 企業内の退職金・企業年金の専門家になりたい方、企業からの相談業務、企業への提案業務に係っている方にも実践的な知識・情報を増やす絶好の機会です。 全6回中5回以上セミナー出席の方は「年金・退職金総合アドバイザー」資格登録の権利が得られます。 

年金・退職金総合アドバイザーとしてご登録されるとすべての研修が会員価格で受講できます。


主 催  NPО法人確定拠出型年金・教育普及協会(DC協会)
日 時  2012年5年23日(水)~6月27日(水)
定 員  30名
受講料  30,000円(6回×5,000円セミナー会員としてアドレス登録の場合)
  36,000円(一般6回×6,000円)18,000円(認定会員 6回×3,000円)
会 場  中央大学駿台記念館


*第23回DCアドバイザー試験 第2分野が免除されます。


日程
----------------------------------------------------------
第1回目 5月23日(水)18:30~20:50 

「ライフプランと企業年金の活用」 
 

第3分野-3単位
----------------------------------------------------------
第2回目 5月30日(水) 18:30~20:50    
「新企業年金制度の概要」 
・確定給付企業年金 ・キャッシュバランスプラン・確定拠出年金制度・前払い制度
第2分野-3単位
----------------------------------------------------------
第3回目 6月6日(水)18:30~20:50 
「退職給付会計と年金財政を理解する」  
・退職給付会計・年金財政・IFRSの動向・企業年金法改正の動向
 第2分野-3単位
----------------------------------------------------------
第4回目 6月13日(水) 18:30~20:50   
「新確定拠出年金制度の制度設計」  
・確定拠出年金の運用実態と想定利回りの考え方
・確定拠出年金の掛金(マッチング拠出も含め)、給付、費用
・確定拠出年金の事業主責任と労使の役割
・確定拠出年金の普及状況
第1分野-3単位
----------------------------------------------------------
第5回目 6月20日(水) 18:30~20:50   
「確定拠出年金制度における投資教育のあり方」  
・確定拠出年金の運用の考え方・確定拠出年金の今後の課題と展望
・確定拠出年金の投資教育の内容と水準、考え方 
・資産運用の基礎知識 -金融商品の基礎知識
第3分野-3単位
----------------------------------------------------------
第6回目 6月27日(水) 18:30~20:50   
「企業年金制度の再編」   
・確定給付企業年金制度への移行 ・キャッシュバランス・プランへの移行
・確定拠出年金制度への移行 ・企業年金の通算制度(ポータビリティ)
・給付減額の現状・受給権の保護法制
第1分野-3単位
----------------------------------------------------------
※プログラムについては若干の変更がある場合があります。
5回出席がどうしても難しい場合補講をご用意いたしますので、ご相談ください。
 ※記念講演「企業年金の課題と展望」は7月に別途開催いたします。
  このページのトップへ
 

2012年(平成24年)6/30 千葉
  DC協会 千葉支部会
二部構成『厚生年金制度をめぐる2つの問題』
サラリーマンの老後を支える柱である「厚生年金」。その 厚生年金制度が大きな節目に差し掛かっています。
公的年金の側面では、来年度以降、いよいよ報酬比例部分が60歳では支給されない時代を迎えます。 一方、企業年金の側面では、代行部分を抱える厚生年金基金が、AIJ投資顧問による「年金消失問題」を受けて、制度改革が避けられない情勢です。
こうしたなか、当千葉支部では、それぞれの分野のエキスパートに講師をお願いし、厚生年金制度の変更点を理解する2部構成のセミナーを開催致します。
DCアドバイザー及び年金・退職金総合アドバイザーの皆様には、情報収集や自己研鑽の場として、是非多数ご参集いただきますようご案内申し上げます。

日 時 : 平成24年6月30日(土)午後1時~午後4時30分
場 所 :場 所:市川教育会館 2階 第一会議室
市川市南八幡1-10-19 TEL 047-376-0770 JR総武線本八幡駅から徒歩3分
       http://www.ichikawa-town.com/map/ik016018/
参加費: DC協会会員3,000円 セミナー会員3,500円
テーマ :
<第1部> 『60歳から年金を受けられなくなる人の「繰り上げ受給」について(仮題)』」
       DCアドバイザー 林﨑 美智子 氏 千葉県社会保険労務士会年金労働相談委員
    
<第2部>
『--企業年金コンサルの現場から--総合型厚生年金基金の現状と改革(仮題)』
      DCアドバイザー 長谷川 聖実 氏 日本年金数理人会準会員
定 員 :  30名(先着順)
参加申込:  参加希望者は、住所、氏名、会員番号(DC協会会員のみ)を記入して、DC協会千葉支部あて、FAX(0474-74-3306)
またはメールアドレス  mizumi31@gmail.com 
継続単位:第2部 2単位(第1部) 第1分野 2単位(第2部)  
  このページのトップへ
 


2012年(平成24年)6/23
  DC協会記念行事 第1弾
パネルディスカッション「これからの企業年金を考える」
昨年東日本大震災のため、記念行事を行うことができませんでした。
そこで、今年はDC を含め、適年から今話題の厚生年金基金、そして確定給付企業年金と、「企業年金」を考えるセミナーを6 月から7 月にかけて行います。DC アドバイザー(年金・退職金総合アドバイザー)として企業年金の現状を正しく捉えていただくのが目的です。
すべてのセミナーをお申込みの方には受講料の割引がありますので、暑い季節ではありますが、ご参加お待ちしています。

AIJ問題からマスコミでも企業年金の話題が頻繁に取り上げられています。が、残念ながら誤解された報道も多いのが、現状です。そこで、年金数理人、企業年金基金の元常務理事、企業年金のコンサルタントと実務に携わるパネラーの皆様から経験上の課題をそれぞれの立場からお話いただいた後、パネラーでディスカッションし、今後の方向性を探っていきます。
 日 時 : 平成24年6月23日(土) 受付 13時30分より  開始 14時~16時
 場 所 : 中央大学駿河台記念館(御茶ノ水駅より徒歩5分)
       http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html
 テーマ : 「これからの企業年金を考える ~現場から考える企業年金の課題と展望~」
 定 員 :  30名(先着順)
 受講料 :  DC協会会員 3千円 セミナー会員 4千円
受講料は振り込みになります。お申込みの方にはご案内いたします。
 申込方法:参加希望者は、氏名、会員番号(DC協会会員のみ)ご連絡先(メール又はFAX)を
記入して、FAX(03-3222-6008)または、次の メールアドレスへお申込みください。master@nenkinnet.org
※懇親会を行う予定です(実費)。出席ご希望の方は懇親会出席希望と添えてください。

第2弾、第3段と企業年金を考えるセミナーを7月に2回予定しております。6月23日とすべて合わせご出席の方には受講料の割引があります。
詳細とお申込みはこちらから(PDF版)
ワード版はこちら


パネリスト紹介(五十音順)
金子 尚道氏(元学研企業年金基金常務理事)
岸田 文夫氏 (企業年金相談センター会長)
錦織 隆生氏 (元キューピー企業年金基金常務理事)

  このページのトップへ
 

2012年(平成24年)5/21

  「かしこい年金のもらいかた」 
公的年金のポイントをおさえて60歳以降の働き方を考えるセミナーです。 
----------------------------------------------------------------------------

 日時 : 2012年5月21日(月) 13時~14時30分
 場所 :淑徳大学池袋サテライト・キャンパス http://ext.shukutoku.ac.jp/
 テーマ :  「かしこい年金のもらいかた」
 定員 : 先着40名
 参加費:1,000円
 継続単位 : 第2分野 各2単位 
 お申込み:下記へご連絡ください。
         淑徳大学池袋サテライト・キャンパス
         E-mail: ext@ccb.shukutoku.ac.jp
         TEL 03-5979-7061        
 
講師:社会保険労務士・DCアドバイザー  小野 隆璽 氏
講師紹介
㈱オムロンを早期退職、各種資格を取得しながら社会保険事務所で年金相談も担当。
相談者第一主義をモットー取り組んだ豊富な具体例をまじえ、平易な語り口で難しい年金問題と仕組みを明解に解説。
   

 
  このページのトップへ
 

2012年(平成24年)5/12

    「厚生年金基金 今後の展望」 
    「ライフプランセミナー~60歳以降のセカンドライフを考える~ 
 
----------------------------------------------------------------------------
 日時 : 平成24年5月12日(土) 午後1時30分~4時30分 受付 13時~
 場所 : 名古屋産業振興公社 中小企業振興会館 吹上ホール会議室
    (住所)名古屋市千種区吹上二丁目6番3号 地下鉄桜通線「吹上駅」、徒歩およそ5分
 http://www.nipc.city.nagoya.jp/fukiage/sub/access.html
 定員 : 先着20名
 参加費:DC協会会員 3,000円、 一般 5,000円 セミナー会員 4,000円
 参加費は当日受付にてお支払いください。
 
 継続単位 : 第1分野~第3分野 各3単位 
※カリキュラムは2講座ですが、別途東京でのセミナー資料を継続単位対象資料として無料でさしあげます
 

参加申し込み方法 :氏名、会員登録番号、連絡先(TELまたはFAXまたはEmail)を明記の上、 メールまたはFAXにて、DC協会へお申込みください。
   メールアドレス : master@nenkinnet.org 
    FAX番号 : 03-3222-6113

  このページのトップへ
 


2012年5/8
 「あなたのIT環境大丈夫?」 ~意外と知らない情報セキュリティのリスクマネジメント~
DCアドバイザーやファイナンシャルプランナーは職業柄、クライアントの個人情報を取り扱う機会が多く、厳しい守秘義務が課せられています。しかし普段の業務の中でつい見逃しがちな情報セキュリティの落とし穴があります。この落とし穴をさまざまな事例と共にご紹介していきます。
今回は具体的なリスク対策術、便利なツールのご紹介。
お望みの方がいらっしゃいましたら、あなたのセキュリティをこの場でやぶってご覧にいれます。

 日 時 : 平成24年5月8日(火) 受付 PM6:50より  開始 PM7:10~PM9:10
 場 所 : ムーブ町屋:ミニギャラリー (東京都荒川区荒川7-50-9 センター町屋4F)
       千代田線町屋駅 駅ビル4F 京成線、都電荒川線町屋1分
 地 図 : http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.44.21.062&el=139.47.02.342
 テーマ : 「あなたのIT環境大丈夫?~意外と知らない情報セキュリティのリスクマネジメント~」
 講 師 : 堀恵 磨人
(ほりえ まひと)
 定 員 :  30名(先着順)
        
※ 満席の場合は、座席の用意が出来ない場合がありますので、ご了承下さい。
 参加費 : 会員1,500円(DCアドバイザー)、一般 2,000円
 参加費は当日受付にてお支払いください。
 継続単位 : 第3分野 2単位 
    ・このセミナーはDCアドバイザー、ファイナンシャルプランナー向けのセミナーになっています
    ・FP協会の継続単位につきましては自主申請になります。
     
 申込方法 : 
氏名、会員登録番号、連絡先を明記の上、5月7日までに
         下記へメールにて申込みください。
         メールアドレス : fpkid1969at7118@plum.ocn.ne.jp
 講師紹介
早稲田大学商学部卒業。大学では情報ネットワークの数理的研究を専攻する。
大学卒業後、NTTコムウェア入社。次世代ネットワークの開発に立ち上げから関わる。
その後ひかり電話の開発から、次世代ネットワークにおける新サービス開発をNTT東日本と共同で実施。2010年独立。(社)次世代不動産経営研究会 理事、ITコンサルタント
【保有資格】初級システムアドミニストレーター ・基本情報技術者 セカンドライフ検定 他
 
  このページのトップへ
 


2012年4/25
 総合型厚生年金基金の現状とこれからの企業年金
~ 適年よりも深刻~
  税制適格退職年金が今年の3月末で廃止となり、その後、確定給付型の企業年金制度は、厚生年金基金、確定給付企業年金の二つに集約されました。このうち、厚生年金基金については、近年の運用環境の悪化 や不正事件に対する態勢面の問題もあり、課題も多く指摘されています。  適格退職年金も課題は多くありましたが、10年間の経過措置を経て、確定給付企業年金や確定拠出年金 等に移行することで収束できました。しかし、厚生年金基金はそのような法令上の措置もなく、代行返上や 解散などが問題なくできればよいですが、積立不足の負担ができなければ、問題の先送りに陥り、結果的に は更なる企業負担の増加に加え、企業倒産を招くかもしれません。   
 第一部では厚生年金基金の現状と問題点についてお話しいたします。
 第二部では年金数理人の方をお迎えし、第一部の内容を踏まえて、厚生年金基金の今後の動向や   その解決の方向性について解説します。お誘いあわせの上、ご参加ください。

----------------------------------------------------------------------------
 日時 : 平成24年4月25日(水)午後6時30分~8時45分
 場所 : 駿河台記念館(中央大学)  660会議室
http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html
 テーマ :「総合型厚生年金基金の現状とこれからの企業年金」
   第一部 厚生年金基金の現状と問題点
         第二部 厚生年金基金の今後の動向とその解決の方向性 
 定員 : 先着30名
 参加費:DC協会会員:4,500円 一般:6,000円  セミナー会員:5,000円   
 参加費用はお手数ですがは予めお振り込みをお願いします。
・三井住友銀行 神田支店 普通
   口座番号:2917195
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
   口座番号:0059631
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会

  
 継続単位 : 第1分野1単位 第2分野2単位 
 参加申し込み方法 :氏名、会員登録番号、連絡先(TELまたはFAXまたはEmail)を明記の上、メールまたはFAXにて、DC協会へお申込みください。
*セミナー終了後に懇親会(会費三千円程度)を予定しております。
   E-mail: master@nenkinnet.org  
    FAX番号 : 03-3222-6113

講師紹介 
有限会社彩コンサルティング 代表取締役 宮原操子 
中小企業の企業年金・退職金制度の再構築・新規導入を主に手掛けている。 金融機関、社会保険労務士会、FP協会支部等でのセミナーで企業年金・退職金についての講師も務めて おり、企業年金・退職金制度に関する執筆も多い。最近では厚生年金基金や加入している事業所からの 相談も多く、総合的なコンサルティングを行っている。 
  ホームページ: http://www14.ocn.ne.jp/~sai/18.html 
ブログ: http://blog.goo.ne.jp/goo0218_2007
DCアドバイザー・企業年金総合プランナー (1級DCプランナー)
  このページのトップへ
 


2012年4/21
 「企業年金をめぐる最近の状況」
 AIJ投資顧問が引き起こした「年金消失問題」で、総合型の 厚生年金基金は大揺れとなり、あらためて企業年金に係る制度や 資産運用のあり方に社会的な関心が集まっています。  一方、DC制度に目を転じると、一部の導入企業で加入者による 掛金の拠出が始まる模様です。  DC協会千葉支部では今般、企業年金が大きな変化に直面している時期を捉え、企業年金連合会から講師をお呼びして、 企業年金制度をめぐる最近の状況を報告していただきます。 「年金消失問題」を受けた制度改正の方向性や、昨年公布された「年金確保支援法案」など、多岐にわたる解説をいただきますので、DCアドバイザー及び年金・退職金総合アドバイザーの皆様におかれましては、情報収集の場として、また、自己研鑽の場として、当千葉支部セミナーに奮ってご参集下さい。   
----------------------------------------------------------------------------
 日時 : 平成24年4月21日(土)午後1時30分~午後3時30分
 場所 : 場 所:市川教育会館 2階 第一会議室  市川市南八幡1-10-19 
  TEL 047-376-0770  JR総武線本八幡駅から徒歩3分
   URL(地図)http://www.ichikawa-town.com/map/ik016018/
  テーマ :「企業年金をめぐる最近の状況」  
  講師   :企業年金連合会 会員センター 企画・数理情報課 徳岡 良治 氏 
  定員 : 先着30名
 参加費:DC協会会員2,000円、一般2,500円  
  参加費用は当日受付けでお支払いください。
  継続単位 : 第1分野3単位 
 参加申し込み方法 :氏名、会員登録番号、連絡先(TELまたはFAXまたはEmail)を明記の上、
DC協会千葉支部あて、FAX(0474-74-3306)または、
次の メールアドレスでお申し込みください。(E-mail:mizumi31@gmail.com)
  
  このページのトップへ
 

2012年3/31
 「企業年金の展望 これからの企業年金に求められる要件とは」 
 適格退職年金は廃止となり、新しい企業年金の時代がやってきました。
確定給付企業年金、確定拠出年金、厚生年金基金も、年金確保支援法や財政運営基準の改正により、新しい時代を迎えようとしています。特に厚生年金基金については、最近の運用環境の問題に加えて、投資顧問等の不正事件に代表されるガバナンス問題も検討していく必要があり、目が離せない状況です。
 社会保障と税の一体改革に代表される公的年金の改正においても、企業年金の補完が必要になってくると思われます。 
 この講演では、企業年金の改正動向や展望について紹介し、解説いたします。奮ってご参加ください。

----------------------------------------------------------------------------
 日時 : 平成24年3月31日(土) 午後1時30分~4時30分
 場所 : エルおおさか南72号室
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
 テーマ : 「企業年金の展望 -これからの企業年金に求められる要件とは-」
 定員 : 先着40名
 参加費:DC協会会員 3,000円、 一般 4,000円
  参加費は当日受付にてお支払いください。
 
 継続単位 : 第1分野~第3分野 各2単位 
 参加申し込み方法 :氏名、会員登録番号、連絡先(TELまたはFAXまたはEmail)を明記の上、メールまたはFAXにて、DC協会へお申込みください。
   メールアドレス : master@nenkinnet.org 
    FAX番号 : 03-3222-6113
  このページのトップへ
 

2012年2月
 年金・退職金総合アドバイザー 実務講座
「退職金・企業年金制度再編の実際」
 企業内の退職金・企業年金の専門家になりたい方、企業からの相談業務、企業への退職金制度の提案業務に係っている方に向けて昨年春・秋に東京・大阪で、「年金・退職金総合アドバイザー資格講座」をDC協会では行いました。
今回は実際に退職金・企業年金制度の再編に関わる実務を2回 計4時間かけて学びます。
制度設計に必要な基礎的事項を解説し、事例を使いながら制度の具体的な設計を学ぶ実践セミナーです。
最新の事例から詳細なデータをもとに解説しますので再編のポイントを掴むことができます。
DCアドバイザーの方もぜひご参加ください。

----------------------------------------------------------------------------
1 日 時:2012年2月21日(火)・28日(火) 18:30 ~20:30(受付18:10~)

2 場 所:中央大学駿台記念館 東京都千代田区神田駿河台3-11-5

3 カリキュラム
第1日 【制度設計の基礎】(DC協会会員継続単位: 第1分野2単位、第3分野1単位)
Ⅰ 現状分析と問題点の把握(再編を考える際の基本的な決定事項を確認する)
Ⅱ 企業年金制度の原則と構造イメージ(各制度の構造的な特徴を理解する)
Ⅲ 制度設計に必要な事項(掛金算定、給付設計、マッチング拠出、計算基礎率の理解等)
Ⅳ 年金会計と財政の見方(どこをどう見るか)
Ⅴ 企業年金資産運用の基礎知識と実態(投資政策、金融機関構成、リスク管理、運用実態等)

第2日 【制度の具体的な設計】(DC協会会員継続単位: 第2分野3単位)
Ⅰ 制度設計の実際(ポイント制、厚生年金基金、確定給付企業年金、キャッシャバランスプラン、確定拠出年金各制度の再編を実際のデータを使って解説)
Ⅱ 移行スケジュール(日程と実施事項)
Ⅲ 給付減額と受給権の保護(給付減額の定義・要件、手法、受給権の保護法制、最近の動向)
Ⅳ 企業年金再編の見通し(制度や運用リスクをどう労使で負担するのか)

4 参加費:【2回分】  12,000円 (一般)10,000円(セミナー会員)
              8,000円(DC協会 認定会員)(テキスト代込) 
事前振り込みをお願いします
・三井住友銀行 神田支店 普通
   口座番号:2917195
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
   口座番号:0059631
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会

5 定員:30名

6 講師紹介 
植村昌機 (NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表兼事務局長)
早稲田大学第一法学部卒業、日本経済新聞社で出版業務に従事、企画部長。テレビ愛知に出向、総務部長、人事部長を歴任。退職後、NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワークを設立、企業年金に関するセミナー、コンサルティングに従事。法人設立後10年間でセミナー180回、年間約30件のコンサルティングを手がける。
(DCアドバイザー、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー)


7 参加申込
 受講希望者は住所、氏名、会員番号、FAX番号 明記の上、メールまたはFAXにて,DC協会へお申 込みください。
   E-mail: master@nenkinnet.org 


8 継続単位:第1分野2単位 第3分野1単位 (1日目)
         第2分3単位 (2日目)

  このページのトップへ
 

2012年(平成24年)1/21

『2012年の日本経済、世界経済―どう見る為替・金利・債券』
 2011年末のEU首脳会議の後も、欧州を震源とする金融危機の火ダネが燻り続けています。こうした流れを受けて、2012年の日本経済、世界経済はどのような動きになるのでしょうか。
 千葉支部では今回、ロイター通信のコラムニスト、田巻 一彦氏を講師に迎え、中立的な立場から、経済・金融の長い現場取材の経験に基づく見方をご披露いただきます。
 DCアドバイザー及び年金・退職金総合アドバイザーの皆様におかれましては、2012年の経済を見るポイントを確認する場として、また投資教育の情報収集の場などとして、是非ご活用下さい。

----------------------------------------------------------------------------
1 日 時:平成24年1月21日(土)午後1時30分~午後3時30分

2 場 所:市川教育会館 2階 第一会議室
 市川市南八幡1-10-19 TEL 047-376-0770
 JR総武線本八幡駅から徒歩3分
 URL(地図)http://www.ichikawa-town.com/map/ik016018/

3 参加費:DC協会会員2,000円、一般2,500円

4 テーマ:『2012年の日本経済、世界経済―どう見る為替・金利・債券』

5 講 師:ロイター編集局 コラムニスト田巻 一彦 氏

6 経 歴 
1984年に毎日新聞社に入社、千葉支局、経済部に在籍。1994年にロイターに入り、2003年から日本語ニュース副編集長、2010年から現職。

7 参加申込
 参加希望者は、住所、氏名、会員番号(DC協会会員のみ)を記入して、DC協会千葉支部あて、FAX(0475-58-3881)または、次のメールアドレスで申し込みください。
ashtm2@kje.biglobe.ne.jp

8 継続単位:第3分野3単位

  このページのトップへ
 

2011年12/4
 「年金確保支援法と企業年金の制度運営」 
  企業年金の様々な改正が実施されようとしています。8月4日に成立し、公的年金の改正や確定拠出年金の企業型について従業員拠出ができるマッチング拠出を始めとした企業年金の様々な改正が実施されることになりました。
 
 また、平成24年度以降を見据えた確定給付企業年金と厚生年金基金等の改正が7月14日に出されたパブリックコメントで明らかになりました。
企業年金の制度運営については、これまで、より適切かつ円滑に実施できるように各界から多くの改善要望を受けており、このような要望や課題を受けて、企業年金の制度運営の効率化から、様々な見直しを行うこととされており、確定拠出年金やキャッシュバランスプランにも影響を与えることになります。
 
 この大きな影響を及ぼす改正内容の解説や各企業年金に与える影響について、解説いたします。


 日時 : 平成23年12月4日(日) 午後2時45分~5時15分
  
 日程と時間が変更になりました。ご注意ください。
 場所 : 福岡県中小企業振興センター会議室 402号室
http://www.joho-fukuoka.or.jp/new/center/contents/map.html
 テーマ : 「年金確保支援法と企業年金の制度運営と企業年金へ与える影響」
 定員 : 先着20名
 参加費:DC協会会員 4000円、 セミナー会員 5000円
  参加費は受付けにてお支払いください。
 
 継続単位 : 第1分野から第3分野 各4単位 
 参加申し込み方法 :  受講希望者は住所、氏名、会員番号、FAX番号 明記の上、メールまたはFAXにて,DC協会へお申込みください。
   メールアドレス : master@nenkinnet.org 
    FAX番号 : 03-3222-6113

  このページのトップへ

 
2011年11/22
 「確定給付型企業年金の課題と確定拠出年金への移行」 
  税制適格退職年金があと数カ月で廃止となり、その後、確定給付型の企業年金制度は、厚生年金基金、確定給付企業年金の二つに集約されます。今回のセミナーでは、この二つの企業年金制度の課題について、解説致します。
 厚生年金基金と確定給付企業年金では、運用環境の悪化により積立不足が深刻化しています。
 厚生年金基金では、代行返上や解散の増加等が問題となっています。この二つの企業年金を導入している企業では、問題を先送りすることによって、企業負担の増加を招くかもしれません。
 企業年金の課題の解決は、企業にとって、人事戦略及び財務戦略上の重要な課題です。

 第一部では、厚生年金基金と確定給付企業年金の現状と課題及びその解決の方向性について
お話しいたします。
 第二部では年金数理人の方をお迎えし、第一部の内容を踏まえて、確定給付型企業年から
確定拠出年金への移行の留意点等について解説します。
 お誘いあわせの上、ご参加ください。

日時 : 11月22日(火)午後6時45分~8時45分
 場所 : ちよだプラットフォームスクエア402会議室
http://yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
 定員  :先着30名
 参加費:一般3,000円、 セミナー会員2,500円、 DC協会会員2,000円
 セミナー会員はメールアドレスをご登録された方です。(アドレス登録は無料です)登録はこちら
 参加費は受付けにてお支払いください。
 講師 :宮原操子 (有限会社彩コンサルティング代表取締役)
             DCアドバイザー・企業年金総合プランナー(1級DCプランナー)
 継続単位 : 第1分野 2単位 
 参加申し込み方法 :  受講希望者は住所、氏名、会員番号、FAX番号 明記の上、
 メールまたはFAXにて,DC協会へお申込みください。 
   メールアドレス : master@nenkinnet.org 
    FAX番号 : 03-3222-6113

セミナー終了後に、懇親会(会費3,000円程度)を用意しております。
  このページのトップへ
 



「年金・退職金総合アドバイザー」資格取得講座2011 大阪
「年金・退職金総合アドバイザー」取得講座2011
 (2時間30分×6回セミナー)

      ◆いま話題の企業年金制度の専門家になりませんか◆

「年金・退職金総合アドバイザー」資格とは、DC協会主催の所定の研修を受講して単位を取得された方に付与する、新しい資格です。企業年金制度の全容を確認しつつ、問題点を詳細に学べるチャンスです。
 
年金・退職金総合アドバイザーの資格規定
・確定拠出年金をはじめとする公的・私的年金全般にわたる基本的な知識と金融商品、投資からライフプランに関する総合的な知識を有し、確定拠出年金の加入者、導入企業担当者に説明ができる。
・加入者への投資教育、個人に豊かな老後のライプラン提案ができる。

講座の特徴
◆ステップアップ資格の可能性大
企業内の退職金・企業年金の専門家になりたい方、企業からの相談業務、企業への提案業務に係っている方にも実践的な知 識・情報を増やす絶好の機会です。 個別の受講も可能です。


◆重質した独自のカリキュラム
最新の年金情報を取り入れた内容で、実績のある専門知識の豊富な講師による、講義を展開しています。
 受講者の声:
 各回とも優れたテキスト、レジュメを利用した講義であり、充分に有意義な講座でした。
◆修了書交付
全6回中、5回以上セミナー受講の方には修了書を交付し、協会に登録された方には「年金・退職金総合アドバイザー」の資格が付与されます。
※5回以上受講のかたは「DCアドバイザー試験(2011年12月実施)」の第2分野が免除されます。DCアドバイザー試験詳細

日 程
第1回  9月27日(火) 18:00~20:30 
大阪コロナホテル(新大阪駅徒歩3分)会議室
http://www.osakacoronahotel.co.jp/party/access.html

★ 第1回のみが火曜日になりますので、ご注意ください。
18:00~19:00
記念講演 「企業年金の現状と課題」
格付投資情報センター 「年金情報」永森 秀和 編集長

19:00~ 20:30「ライフプランと企業年金の活用」 講師:塩田 耕三
~退職後のライフプランを確かにするために、企業は何を説明すべきか?~
  ・ 公的年金の基礎知識
  ・ 企業年金の活用
  ・ 年金、給与・退職金にかかる所得税

単位:第3分野-3単位


第2回  10月5日(水)  18:00~20:30  大阪コロナホテル会議室 

新企業年金制度の概要  講師:植村 昌機
 ・確定給付企業年金
 ・キャッシュバランスプラン
 ・確定拠出年金制度
 ・前払い制度
 ・中小企業における退職金制度
 (中退共・総合型厚生年金基金・確定拠出年金)
単位:第2分野-3単位


第3回  10月12日(水) 18:00~20:30 大阪コロナホテル会議室 

退職給付会計と年金財政を理解する   講師:DCアドバイザー、年金数理人
 ・退職給付会計
 ・年金財政
 ・IFRSの動向
単位:第2分野-3単位


第4回  10月19日(水) 18:00~20:30 大阪コロナホテル会議室

確定拠出年金制度の制度設計   講師:宮本 一弘
 ・確定拠出年金の運用実態と想定利回りの考え方
 ・「運用」と「教育」に係る法制度の概要
 ・確定拠出年金の給付内容、費用、資産移換と手続き
 ・確定拠出年金の事業主責任と労使の役割
 ・確定拠出年金の普及状況
単位:第1分野-3単位


第5回  10月26日(水) 18:00~20:30 大阪コロナホテル会議室

確定拠出年金制度における投資教育のあり方  講師:宮本 一弘
 ・確定拠出年金の運用の考え方
 ・資産運用の基礎知識 -金融商品の基礎知識
 ・確定拠出年金の投資教育の内容と水準、考え方
 ・確定拠出年金の今後の課題と展望
単位:第3分野-3単位


第6回 11月2日(水) 18:00~21:00 大阪コロナホテル会議室

企業年金制度の再編     講師:植村 昌機
 ・確定給付企業年金制度への移行
 ・キャッシュバランス・プランへの移行
 ・確定拠出年金制度への移行
 ・企業年金の通算制度(ポータビリティ)
 ・給付減額の現状・受給権の保護法制
単位:第1分野-3単位

認定証授与               ※内容は変更の可能性があります。


参加費用
一般:各8千円  セミナー会員:各5千円  会員:各3千円  (全て資料代込)
セミナー会員はメールアドレスをご登録された方です。(アドレス登録は無料です)

参加費用の振込先 事前振り込み
・三井住友銀行 神田支店 普通
   口座番号:2917195
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
   口座番号:0059631
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会

定 員
先着40名

お申込み
下記までメール又はお電話でお申込みください。1回のみの参加も可能です。

主 催・お問合せ
NPO法人 DC協会 TEL 03-3222-6113 FAX03-3222-6008
E-mail: master@nenkinnet.org


講師紹介

宮本 一弘(DCアドバイザー、CFP)
1962年早稲田大学第一法学部卒業、NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事 日立製作所で家電・住設システムと自動車機器の事業分野で事業部業務と直接営業に従事。
中部支店自動車機器部長、自動車機器事業部営業部長、 総合住宅システム推進本部システム技術部長、同本部次長等を歴任 会社退職後、NPO法人設立に参画。


植村 昌機 (DCアドバイザー、AFP、社会保険労務士)
1964年早稲田大学第一法学部卒業、NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事・兼事務局長日本経済新聞社で出版業務に従事、出版企画部長。テレビ愛知に出向、総務部長、人事部長を歴任。 会社退職後、NPO法人設立に参画。

塩田耕三 (社会保険労務士、DCアドバイザー、中小企業診断士、ITコーディネータ)
1969年京都大学経済学部卒業、(株)東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。 欧州駐在14年を含め、国際金融、融資・審査業務に従事。
1998年より教育 事業会社にて、財務、国際管理、人財開発に従事。2002年から2010年まで 8年間、厚生(企業)年金基金常務理事として、企業年金制度改革、 年金資産運用、年金ライフプランセミナーに取組んだ。 2011年より、経営&年金コンサルタントとして開業。

 
  このページのトップへ
 



「年金・退職金総合アドバイザー」資格取得講座2011 東京
「年金・退職金総合アドバイザー」取得講座2011
 (2時間30分×6回セミナー)

      ◆いま話題の企業年金制度の専門家になりませんか◆

「年金・退職金総合アドバイザー」資格とは、DC協会主催の所定の研修を受講して単位を取得された方に付与する、新しい資格です。企業年金制度の全容を確認しつつ、問題点を詳細に学べるチャンスです。
 
年金・退職金総合アドバイザーの資格規定
・確定拠出年金をはじめとする公的・私的年金全般にわたる基本的な知識と金融商品、投資からライフプランに関する総合的な知識を有し、確定拠出年金の加入者、導入企業担当者に説明ができる。
・加入者への投資教育、個人に豊かな老後のライプラン提案ができる。

講座の特徴
◆ステップアップ資格の可能性大
企業内の退職金・企業年金の専門家になりたい方、企業からの相談業務、企業への提案業務に係っている方にも実践的な知 識・情報を増やす絶好の機会です。 個別の受講も可能です。


◆重質した独自のカリキュラム
最新の年金情報を取り入れた内容で、実績のある専門知識の豊富な講師による、講義を展開しています。
 受講者の声:
 各回とも優れたテキスト、レジュメを利用した講義であり、充分に有意義な講座でした。
◆修了書交付
全6回中、5回以上セミナー受講の方には修了書を交付し、協会に登録された方には「年金・退職金総合アドバイザー」の資格が付与されます。
※5回以上受講のかたは「DCアドバイザー試験(2011年12月実施)」の第2分野が免除されます。DCアドバイザー試験詳細


日 程
第1回 10月15日(土) 13:30~16:30 
中小企業会館 C会議室
東京都中央区銀座2-10-18

「新企業年金制度の概要」 講師:植村 昌機
・確定給付企業年金
・キャッシュバランスプラン
・確定拠出年金制度
・前払い制度
・中小企業における退職金制度
 (中退共・総合型厚生年金基金・確定拠出年金)
単位:第2分野-3単位


第2回 10月22日(土) 13:30~16:30 中小企業会館 C会議室

「退職給付会計と年金財政を理解する」  講師:年金数理人、DCアドバイザー
・退職給付会計
・年金財政
・IFRSの動向
・企業年金法改正の動向
単位:第2分野-3単位


第3回 11月5日(土) 13:30~16:30 中小企業会館 C会議室

「確定拠出年金制度の制度設計」 講師:宮本 一弘
・確定拠出年金の運用実態と想定利回りの考え方
・「運用」と「教育」に係る法制度の概要
・確定拠出年金の給付内容、費用、資産移換と手続き
・確定拠出年金の事業主責任と労使の役割
・確定拠出年金の普及状況
単位:第1分野-3単位


第4回 11月12日(土) 13:30~16:30  中央大学駿台記念館 360号室

「確定拠出年金制度における投資教育のあり方」 講師:宮本 一弘
・確定拠出年金の運用の考え方
・資産運用の基礎知識 -金融商品の基礎知識
・確定拠出年金の投資教育の内容と水準、考え方
・確定拠出年金の今後の課題と展望
単位:第3野-3単位


第5回  11月19日(土) 10:00~12:30 中小企業会館 C会議室

「企業年金制度の再編」 講師:植村 昌機   
・確定給付企業年金制度への移行
・キャッシュバランス・プランへの移行
・確定拠出年金制度への移行
・企業年金の通算制度(ポータビリティ)
・給付減額の現状・受給権の保護法制
単位:第1分野-3単位


第6回 11月19日(土) 13:30~16:45 中小企業会館  会議室

13:30~14:30
記念講演 「企業年金の課題と展望」
講師:格付投資情報センター「年金情報」 永森秀和 編集長

14:40~16:40
「ライフプランと企業年金の活用」 講師:成宮 正和
単位:第3分野-3単位

認定証授与               ※内容は変更の可能性があります。


参加費用
一般:各8千円  セミナー会員:各5千円  会員:各3千円  (全て資料代込)
セミナー会員はメールアドレスをご登録された方です。(アドレス登録は無料です)登録はこちら

参加費用の振込先 事前振り込み
・三井住友銀行 神田支店 普通
   口座番号:2917195
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
・三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通
   口座番号:0059631
   口座名義:特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会

定 員
先着30名

お申込み
下記までメール又はお電話でお申込みください。1回のみの参加も可能です。

主 催・お問合せ
NPO法人 DC協会 TEL 03-3222-6113 FAX03-3222-6008
E-mail: master@nenkinnet.org


講師紹介

宮本 一弘(DCアドバイザー、CFP)
1962年早稲田大学第一法学部卒業、NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事 日立製作所で家電・住設システムと自動車機器の事業分野で事業部業務と直接営業に従事。
中部支店自動車機器部長、自動車機器事業部営業部長、 総合住宅システム推進本部システム技術部長、同本部次長等を歴任 会社退職後、NPO法人設立に参画。


植村 昌機 (DCアドバイザー、AFP、社会保険労務士)
1964年早稲田大学第一法学部卒業、NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事・兼事務局長日本経済新聞社で出版業務に従事、出版企画部長。テレビ愛知に出向、総務部長、人事部長を歴任。 会社退職後、NPO法人設立に参画。

成宮 正和  (DCアドバイザー、CFP)
1975年横浜市立大学卒業。総合商社に31年間勤務、その間 欧・米の関連子会社社長等 歴任、米国にて401K 及び個人向けファイナンシャル・コンサルタントの重要性を学び、2006年 個人向けファイナンシャルに強い経営コンサルタント・FPとして独立。現在中小企業経営者・サラリーマン・ 医者等 向け年金・退職金、相続・事業承継、リタイアメントプランニング、資産運用等のコンサルタントおよびセミナー講師として活動している。
保有資格等:DCアドバイザー、CFP(R),1級フィナンシャル・プランニング技能士、住宅ローンアドバイザー確定拠出年金教育・普及協会(DC協会)理事、日本FP協会東京支部幹事

 
  このページのトップへ
 


2011年 10/27、11/17

 第3回 基礎から学べる 確定拠出年金セミナー
  制度は導入されたものの、仕組みや運用方法について基礎知識の理解が十分でないという方、または、継続教育の実施を検討中の企業の人事担当者の皆様、運営管理機関の投資教育とは一線を画した投資教育セミナーを行います。お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。  
日 時:
 ・10月27日(木)18:45~20:15(受付18:20~) 基礎編「確定拠出年金制度とその運用の基礎
  継続単位: 第1分野-2単位
 ・ 11月17日(木)18:45~20:15(受付18:20~) 応用編「一歩進んだ確定拠出年金の運用について」
  継続単位: 第3分野-2単位
講 師: 阪尾コンサルティング事務所 代表 阪尾 進 
     (社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DC アドバイザー)
参加費: 1日のみ受講 3,000円 、基礎編と応用編の両日を受講5,000円
振り込み: ※受講料は事前のお振り込みをお願いいたします。
  三井住友銀行 神田支店 普通 2917195
  口座名義 特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及協会
会 場: 東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 3F 第二会議室(秋葉原駅徒歩5分)
       (千代田区神田佐久町1-9)
      http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/akibashisetsu.html

申込み:希望する日、氏名、会員番号を明記の上、下記宛先へ。
DC協会事務局 Eメール : master@nenkinnet.org 
このページのトップへ
2011 10/17
 「退職金制度改革コンサル業務の実際~年金ALMの実際」 
 皆様には日々、企業年金のコンサルティングにご多忙のことと存じます。
昨今の不安定な内外金融・経済情勢に直面し、年金の資産運用のリスク管理が重要視されるようになり、一方で労働市場の流動化を背景に年金の負債サイドの変化にも目を配る必要が増してきました。
こうした事態に対応して有効に企業年金のコンサルティングを行うためには、米国の年金界で盛んな「年金ALM」の考え方を取り入れた年金管理が必要となっています。
今回は、企業年金のコンサルタントとして長年の実務経験を有し、セミナー講師としても歯切れのよい語り口で解りやすく解説していただける五十嵐 武昭氏をお招きして、ある企業のコンサルティング業務の実例をお話し頂くこととしました。特に年金ALMの実際的な扱いを中心に最近の企業年金の実務的な課題についてお話しをうかがいたいと思います。 コンサルティングの実例を基にしたコンサル業務の実際のお話しを聞けるこの好機を逃すことなく、各位のご出席をお薦めします。

 日時 : 平成23年10月17日(月) 午後6時30分~8時30分
 場所 : かながわ県民センター 7階 711号会議室
 テーマ : 「退職金制度改革コンサル業務の実際~年金ALMの実際」

 定員 : 先着20名
 参加費:DC協会会員 3000円、 一般(DC協会非会員) 5000円
(DCアドバイザーかながわネットワーク会員の参加費は年会費にて充当)
 講師 :五十嵐 武昭 氏 (五十嵐年金企画代表)
《略歴》1945年生まれ。横浜市立大学商学部卒業。東京生命保険相互会社入社、企業年金の設計・申請担当、生保協会年金専門委員として適格年金の審査基準作成に携わる。
  97年財務企画部長として生保会社のポートフォリオ作成など財務運用全般を担当。その後、世界的大手保険ブローカーのエーオンリスクサービスジャパン㈱の退職金コンサルティング部門長、人事コンサルティング会社の㈱トランストラクチャのパートナーなどを経て現在に至る。
  雑誌・新聞などへの寄稿および退職金に関する講演、多数。

 
DC協会継続教育単位 : 第3分野 2単位 
 参加申し込み方法 :  受講希望者は10月10日(月)までに、住所、氏名、会員番号、FAX番号 明記の上、メールまたはFAXにて,DCアドバイザーかながわネットワーク宛お申し込み 下さい。
   メールアドレス : info@jfpc.info 
    FAX番号 : 045-313-2200
   受付後、会場までの地図とともに受講票をE-MailまたはFAXにて送付しますので、当日ご持参   下さい。
FP継続教育単位 : 2単位(ライフ・リタイアメント)
  日本FP協会会員の方は、本支部会に参加されますと、DC協会継続教育単位2単位に加え、FP継続教育単位2単位(ライフ・リタイアメント)が自己申請することによって取得できます。FP継続教育単位取得希望者は、参加申し込みの際に日本FP協会の会員番号をお知らせ下さい。

  このページのトップへ


2011年 9/23 
 「新しい企業年金の時代へ
   ~年金確保支援法と企業年金の制度運営と財政への影響」 
  企業年金の様々な改正が実施されようとしています。8月4日に成立し、公的年金の改正や確定拠出年金の企業型について従業員拠出ができるマッチング拠出を始めとした企業年金の様々な改正が実施されることになりました。
 
 また、平成24年度以降を見据えた確定給付企業年金と厚生年金基金等の改正が7月14日に出されたパブリックコメントで明らかになり、8月24日まで意見募集が行われています。
企業年金の制度運営については、これまで、より適切かつ円滑に実施できるように各界から多くの改善要望を受けており、このような要望や課題を受けて、企業年金の制度運営の効率化から、様々な見直しを行うこととされており、確定拠出年金やキャッシュバランスプランにも影響を与えることになります。
 
 また、市場の短期的変動が拡大する中で、昨今の金融危機以降、企業年金の財政運営について様々な課題が指摘されており、財政の健全化の観点から継続基準や非継続基準の財政検証の見直し、回復計画の廃止、指定基金の指定要件等の見直しが予定されており、厚生年金基金や確定給付企業年金において掛金の引き上げなどの大きな影響が及ぶことが予想されます。
 
 この大きな影響を及ぼす改正内容の解説や各企業年金に与える影響について、解説いたします。

  
 日 時 : 平成23年9月23日(金)祝日 午後1時30分~3時30分
 会 場 : ちよだプラットフォームスクエア 会議室505 (4階から5階に変更になりました)
       
住所:千代田区神田錦町3-21   
       アクセス地図http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
 定 員 : 30名(先着順)
 テーマ : 「新しい企業年金の時代へ
           ~年金確保支援法と企業年金の制度運営と財政への影響」
 講 師 : 年金数理人
 参加費 : DCアドバイザー会員3,000円、 セミナー会員4,000円、 一般5,000円
         ※セミナー会員登録は無料です。こちらからお申込みください。
 継続単位: 第2分野-2単位
 申込み :氏名、会員番号(DC協会会員のみ)を明記の上、下記宛先へ。
       DC協会事務局 Eメール : master@nenkinnet.org 

  このページのトップへ
 

2011 8/31
  「ライフプランと企業年金の活用セミナー」  (6回セミナー補講分)
1 日 時:平成23年8月31日(水) 午後6時30分~午後9時00分
2 場 所: 東京都産業労働局 秋葉原庁舎 3F 第4会議室(秋葉原駅徒歩5分)
        http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/akibashisetsu.html

3 参加費:
6回セミナー受講(6回分お振込済み)の方は無料、
 DCアドバイザー会員3,000円、セミナー会員5,000円 一般6,000円
 
                         ★参加費は前もって下記口座にお振り込みをお願いします。
4 テーマ:「ライフプランと企業年金の活用セミナー」 
  ・ 公的年金、企業年金の種類
  ・ 支給面からみた公的年金制度
  ・ 確定拠出年金の活用
  ・ 遺族年金額の算出方法
  ・ 年金、給与・退職金にかかる所得税
5 講 師:
小野 隆璽氏(おの りゅうじ)
            DCアドバイザー、CFP、社会保険労務士

6 参加申込 :氏名、会員番号(DC協会会員のみ)、連絡先TELを明記の上、下記宛先へ。
       DC協会事務局 Eメール : master@nenkinnet.org 

7 継続単位:第3分野-3単位
  会場アクセス  JR秋葉原駅 中央改札口より徒歩2分
            
東京都産業労働局 秋葉原庁舎3F


2011年 7/9
  「DCアドバイザー大会 2011」
日 時:平成23年7月9日(土)、午後1時30分~午後5時30分(受付 午後1時~ )
場 所:日本教育会館 9階 第五会議室
    (住所)東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2
    地下鉄都営新宿線・
    東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)
    下車徒歩3分
    (URL)http://www.jec.or.jp/koutuu/
※ 会場から節電のため冷房を28度に設定するよう要請されています。軽装でお越しください。

定員:90名(先着順)         
参加費: (DC協会会員)5,000円 、セミナー会員6,000円、一般8,000円
カリキュラム
   13:30~15:00 記念講演 経済評論家 山﨑 元 氏
   15:10~16:40 「最近の労働問題について」 弁護士 渡部 朋広 氏
   16:45~17:25 「現場から考える投資教育の現状と課題」
               DCアドバイザー・社会保険労務士 森本 修司 氏

山﨑 元 (やまざき はじめ)
経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、1958年生まれ。東京大学経済学部卒業後、三菱商事入社。以後、12回の転職(野村投信、住友生命、住友信託、シュローダー投信、バーラ、メリルリンチ証券、パリバ証券、山一證券、DKA、UFJ総研)を経験。2005年から楽天証券経済研究所客員研究員。ファンドマネジャー、コンサルタントなどの経験を踏まえた資産運用分野が専門。雑誌やWebサイトで多数連載を執筆し、テレビのコメンテーターとしても活躍。主な著書に『会社は2年で辞めていい』(幻冬舎)、『「投資バカ」につける薬』(講談社)、『超簡単 お金の運用術』(朝日新書)など多数。ブログ:「王様の耳はロバの耳!
継続単位:第1分野4単位、 第2分野4単位、 第3分野4単位

申込み:氏名、会員番号(DC協会会員のみ)、連絡先TELを明記の上、下記宛先へ。
       DC協会事務局 Eメール : master@nenkinnet.org 
このページのトップへ
 
2011年7/2
  『豊かなセカンドライフのための退職前教育』(仮題)
  『確定拠出年金 投資教育の現状と課題』 
1 日 時:平成23年7月2日(土)、 午後1時30分~午後4時30分(3時間)

2 場 所:名古屋産業振興公社 中小企業振興会館(吹上ホール)
    (住所)名古屋市千種区吹上二丁目6番3号
    地下鉄桜通線「吹上駅」徒歩5分
    (URL)http://map.kotsu.city.nagoya.jp/map/map.jsp?from=l_00040029

3 参加費: (DC協会会員)5,000円 、セミナー会員6,000円 (一般)8,000円

4 テーマ:『豊かなセカンドライフのための退職前教育』(仮題)
       『確定拠出年金 投資教育の現状と課題』 
       特典として、7月9日講義の渡部朋広弁護士の「労働問題」DVDが付きます。

5 講 師: 佐藤文子氏(DCアドバイザー・社会保険労務士・FP)
        森本修司氏(DCアドバイザー・社会保険労務士)

6 申込み:氏名、会員番号(DC協会会員のみ)、連絡先TELを明記の上、下記宛先へ。
       DC協会事務局 Eメール : master@nenkinnet.org 

7 継続単位:第1分野3単位、 第2分野3単位、 第3分野3単位

このページのトップへ
2011年6月 「年金・退職金総合アドバイザー」資格取得講座2011東京
「年金・退職金総合アドバイザー」取得講座2011
 (2時間30分×6回セミナー)

いま話題の企業年金制度の専門家になりませんか
  DCアドバイザー会員の方DCアドバイザーの皆様にはすでにご案内したとおり、「年金・退職金総合アドバイザー」の資格を付与させていただいておりますが、企業年金制度の全容を確認しつつ、問題点を詳細に学べるチャンスです。
講座の特徴
◆ステップアップ資格として可能性大
 企業内の退職金・企業年金の専門家になりたい方、企業からの相談業務、企業への提案業務に係っている方にも実践的な知 識・情報を増やす絶好の機会です。
個別の受講も可能です。
◆充実した独自のカリキュラム
 最新の年金情報を取り入れた内容で、実績のある専門知識の豊富な講師による、講義を展開しています。
◆修了証交付
 全6回中、5回以上セミナー受講の方にはDC協会認定「年金・退職金総合アドバイザー」の資格が付与されます。 6回受講がむずかしい方には補講を予定しております。

日 程
第1回  6月1日(水) 18:30~21:00 
東京都産業労働局 秋葉原庁舎 3F 第4会議室(秋葉原駅徒歩5分)
http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/akibashisetsu.html

新企業年金制度の概要  講師:植村 昌機

 ・確定給付企業年金
 ・キャッシュバランスプラン
 ・確定拠出年金制度
 ・前払い制度
 ・中小企業における退職金制度
 (中退共・総合型厚生年金基金・確定拠出年金)
単位:2分野-3単位

第2回  6月8日(水) 18:30~21:00 3F 秋葉原庁舎 第4会議室
退職給付会計と年金財政を理解する   講師:DCアドバイザー、年金数理人

 ・退職給付会計
 ・年金財政
 ・IFRSの動向
単位:2分野-3単位

第3回  6月15日(水) 18:30~21:00 秋葉原庁舎3F 第4会議室
確定拠出年金制度の制度設計   講師:宮本 一弘

 ・確定拠出年金の運用実態と想定利回りの考え方
 ・「運用」と「教育」に係る法制度の概要
 ・確定拠出年金の給付内容、費用、資産移換と手続き
 ・確定拠出年金の事業主責任と労使の役割
 ・確定拠出年金の普及状況

単位:1分野-3単位

第4回  6月22日(水) 18:30~21:00 秋葉原庁舎3F 第4会議室
確定拠出年金制度における投資教育のあり方  講師:宮本 一弘

 ・確定拠出年金の運用の考え方
 ・資産運用の基礎知識 -金融商品の基礎知識
 ・確定拠出年金の投資教育の内容と水準、考え方
 ・確定拠出年金の今後の課題と展望
単位:3分野-3単位

第5回  6月29日(水) 18:30~21:00 秋葉原庁舎 3F 第4会議室
企業年金制度の再編     講師:植村 昌機

 ・確定給付企業年金制度への移行
 ・キャッシュバランス・プランへの移行
 ・確定拠出年金制度への移行
 ・企業年金の通算制度(ポータビリティ)
 ・給付減額の現状・受給権の保護法制

単位:1分野-3単位

第6回 18:30~19:00 認定証交付
     19:10~19:30 名刺交換会
                             ※内容は変更の可能性があります。


補講  8月31日(水) 18:30~21:00 秋葉原庁舎 3F 第4会議室
  「ライフプランと企業年金の活用セミナー」

  参加費:6回受講の方は無料、DCアドバイザー会員3,000円、セミナー会員5,000円
  講 師:小野 隆璽(おの りゅうじ)
DCアドバイザー、CFP、社会保険労務士
 単位:3分野-3単位


参加費用
一般:各8千円  セミナー会員:各5千円  会員:各3千円  (全て資料代込)  
セミナー会員はメールアドレスをご登録された方です。(アドレス登録は無料です)

定 員
先着30名
お申込み
下記までメール又はお電話でお申込みください。1回のみの参加も可能です。

主 催・お問合せ
NPO法人 DC協会 TEL 03-3222-6113 FAX03-3222-6008
E-mail: master@nenkinnet.org
記念講演
「企業年金の現状と課題と展望」
               厚生労働省年金局
               企業年金国民年金課 (予定)
7月6日(水) 19:30~20:30 秋葉原庁舎 3F 第会議室

講師紹介
植村 昌機(うえむら まさき) (DCアドバイザー、AFP、社会保険労務士)

NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事・兼事務局長
日本経済新聞社で出版業務に従事、出版企画部長。
テレビ愛知に出向、総務部長、人事部長を歴任。
会社退職後、NPO法人設立に参画。

宮本 一弘(みやもと かずひろ) (DCアドバイザー、AFP、社会保険労務士)

NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事
日立製作所で家電・住設システムと自動車機器の事業分野で事業部業務と直接営業に従事。中部支店自動車機器部長、自動車機器事業部営業部長、
総合住宅システム推進本部システム技術部長、同本部次長等を歴任
会社退職後、NPO法人設立に参画。
このページのトップへ
2011年6/4
  『確定給付型企業年金の現状と課題』セミナー 
長引く景気低迷や会計基準の見直しなどで、確定給付型企業年金が置かれた状況は、 多くの基金で、大変厳しいものとなっております。
 こうした現状を踏まえ、このセミナーでは、確定給付型の厚生年金基金、企業年金基金 が直面している現状と課題について、企業年金連合会の近藤直人氏をお招きし、報告を お願いいたしました。
 協会会員におかれましては、確定給付型企業年金の最新動向に触れる場として、またコン サル等の情報の場として、このセミナーを是非ご活用下さい。

1 日 時:平成23年6月4日(土)、 午後1時30分~午後3時30分(2時間)

2 場 所:市川教育会館 2階 第一会議室
    (住所)市川市南八幡1-10-19、(電話)047-376-0770
    JR総武線本八幡駅から徒歩3分
    (URL)http://www.ichikawa-town.com/map/ik002459

3 参加費: (DC協会会員) 2,000円 、  (一般)2,500円

4 テーマ:『確定給付型企業年金の現状と課題』

5 講 師:企業年金連合会 企画振興部
             企画課 課長補佐 近藤直人 氏
6 申込み:住所、氏名、会員番号(DC協会会員のみ)を明記の上、下記宛先へお申し込み下さい。
       DC協会千葉支部
       FAX:0475-58-3881  メールアドレス:ashtm2@kje.biglobe.ne.jp

7 継続単位:第1分野1単位、 第2分野2単位

このページのトップへ
 
2011年6/7 基礎から学べる確定拠出年金セミナー

 制度は導入されたものの、仕組みや運用方法について基礎知識の理解が十分でないという方、または、もっと勉強したいのだけれども、どこで勉強すればよいのかわからなかった皆様、投資教育セミナーの実績が十分な講師が、懇切丁寧に解説します。
 お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。
 日 時 : 4月26日(火)、6月7日(火)
 18:45~20:15 (受付18:20)
         
4月26日 基礎編: 確定拠出年金制度とその運用の基礎
          6月7日  応用編: 一歩進んだ確定拠出年金の運用について
 会 場 : ちよだプラットフォームスクエア 501会議室(基礎編・応用編とも同会場です)        千代田区神田錦町3-21   
       アクセス地図http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
 定 員 :  各20名(先着順)
 費 用 :両日とも、一般  3,000円  DC協会認定会員  2,500円
     ※基礎編・応用編の両方をで申し込まれた方は応用編は2,000円になります。
     参加費は当日受付でお支払いください。
 対 象 :加入者、人事担当者 
 お申込み:Eメールにて下記アドレス宛にお申し込みください。
        折り返し受講票を送付します。
 申込み : 参加講義 の日程(4月26日:基礎編、6月7日:応用編あるいは両日)と氏名、連絡先(TELまたはFAXまたはEmail)を明記の上、下記宛メールでお申込みください。
        メール:master@nenkinnet.org 
 【継続単位】 第1分野 2単位、第3分野 2単位
講師紹介
阪尾 進(さかお すすむ)  (DCアドバイザー、CFP、社会保険労務士)
金融機関、経営コンサルティング会社の勤務を経て、現在は阪尾コンサルティング事務所代表。
一般的な社会保険労務士業のほか、退職金コンサルティング、確定拠出年金投資教育に力を入れている。
金融機関等で、数多くのセミナー実績がある。

   【主催】 NPO法人 DC協会 (確定拠出型年金教育・普及協会)
   【お問い合わせ】 千代田区神田神保町 3-17-3都ビル6F
             事務局 受付時間 [平日10:00~17:00] Tel. 03-3222-6113
             Eメール : master@nenkinnet.org
  
このページのトップへ
2011年5/21(土)東日本支部 港区分科会
  『実践・年金投資教育』セミナー 
 この度の東日本大震災で被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
 一刻も早い被災地域の復興を心よりお祈りいたします。

 さて、当セミナーでは前々回の「日本における投資アドバイザーとは~その役割と位置付け、そして将来性~」並びに前回の「DCアドバイザーと投資顧問業(投資助言・代理業)」など、投資教育の必要性について、いろいろな角度からこの問題を掘り下げることによりDCアドバイザーとしてのスキルアップを目指してきました。
 そして今回はこれまでの総仕上げともいうべき内容で、表記の通り投資教育について講演と実践指導(当日は電卓(√キー付き)、鉛筆、消しゴム、参加者持参のこと)と盛り沢山です。
 講師は、DCはもちろん年金のオールランドプレイヤーである、村田純一氏(下記HPからメルマガをご覧下さい)お願いしています。年金に関する最新の情報についてもお聞きすることができますのでご期待ください。
 本セミナー受講により、DCアドバイザーの皆様のDCビジネスに、少しでもお役に立てることができれば幸いです。
1. 日 時:平成23年5月21日(土)、 午後1時30分~午後4時30分(3時間)
2. 場 所:ちよだプラットホームスクエア 505+506会議室 (5階)
    (住所)東京都千代田区神田錦町3-21(〒101-0054)、(電話)03-3233-1511
    地下鉄東西線竹橋下車3b出口、KKRホテル東京玄関前から徒歩2分
    (URL)http://www.yamori.jp
3. 定 員: 50名(申込受付け順)

4. 参加費: (DC協会会員) 3,000円 、  (一般) 5,000円

5. 講 師: 村田 純一 氏  ( 株式会社日本生活設計 代表取締役 )

6. テーマ: 「実践・年金投資教育」

7. 主 催: LLPペンションプランアドバイスセンター
      東京都目黒区中目黒5-2-9

8. 継続単位:DCアドバイザーの方は、第3分野・3単位、の付与となります。

9. 参加者:住所、氏名、会員番号(DC協会会員のみ)を記入し、下記宛メールでお申込み下さい。

10. 申込・問合せ先:LLP・PAC (セミナー 幹事) 鹿嶋好文 yoshikashi1217@yahoo.co.jp  

このページのトップへ
2011年3/26(土) 大阪地区セミナー
  『DC協会 西日本支部会 セミナー 』 
1 日 時:平成23年3月26日(土) 午後1時30分~午後4時40分
2 場 所:大阪産業創造館6階 会議室 B 
      大阪市中央区本町1-4-5
      地下鉄「中央線」堺筋本町駅下車徒歩約5分
      URL(地図)http://www.sansokan.jp/map/
3 参加費:DC協会会員 3,000円  セミナー会員 4,000円 一般 5,000円
4 カリキュラム
  13:30~15:00 「公的年金を使ったDCの有効活用方法」  
            講師  社会保険労務士・DCアドバイザー 松永 和美 氏
  年金の知っておけばお得な情報や 年金の繰り下げの仕組みを詳しく知ることで DCの活用方法  を提案できるようになります。

  15:10~16:40 「投資教育の実際と課題」  
            講師 CFP・DCアドバイザー 磯崎 紀夫 氏
運営管理機関の投資教育の現場から現状と課題をお話いただきます。
5 参加申込
   氏名、会員登録番号、連絡先(TELまたはFAXまたはEmail)を
      明記の上、下記宛メールでお申込みください。
DC協会 メール:master@nenkinnet.co.jp TEL:03-3222-6113 FAX:03-3222-6008

6 継続単位:第2分野 2単位 第3分野2単位

このページのトップへ
2011年3/12(土) 第12回 千葉支部セミナー
  『確定給付型企業年金の現状と課題 』 
 長引く景気低迷や会計基準の見直しなどで、確定給付型企業年金が置かれた状況は、多くの基金で、大変厳しいものとなっております。
 こうした現状を踏まえ、このセミナーでは、確定給付型の厚生年金基金、企業年金基金が直面している現状と課題について、企業年金連合会の松田隆雄氏をお招きし、報告をお願いいたしました。
 確定給付型企業年金の最新動向に触れる場として、またコンサル等の情報の場として、このセミナーを是非ご活用下さい。
1 日 時:平成23年3月12日(土) 午後1時30分~午後3時30分
2 場 所:市川教育会館2階第一会議室
      市川市南八幡1-10-19
      TEL 047-376-0770
      URL(地図)http://www.ichikawa-town.com/map/ik002459
3 参加費:DC協会会員2,000円・一般2,500円
4 テーマ:『確定給付型企業年金の現状と課題』
5 講 師:企業年金連合会企画振興部
          企画課企画第2係長 松田隆雄 氏
6 参加申込
  参加希望者は、住所、氏名、会員番号(DC協会会員のみ)を記入して、DC協会千葉支部あて、FAX(0475-58-3881)または、次のメールアドレスで申し込みください。
  ashtm2@kje.biglobe.ne.jp

7 継続単位:第1分野 2単位 第2分野 2単位

このページのトップへ
2011年3/3(木) DCアドバイザーかながわネットワーク 主催
 「平成23年度の税制改正のポイント」 
内外多難な今後の情勢に対応すべく、日本の経済、社会の運営の1つのキー・ファクター
ともいえる来年度の税制改正の大綱がまとまりました。
来年度の税制改正の動きの中には、今後中長期に亘る日本の進むべき、あるいは進まざるを得ない方向にかかわる各種の方向付けが色濃く浮かび上がって来ています。

 ①給与所得控除の適用制約等高額所得者への課税強化、
 ②相続税の課税対象者の中間層への拡大、
 ③国際競争力再構築をめざす法人税率の引き下げ等々です。

また私どもDCアドバイザーが関わる企業年金にかかわる税制変化も、今後の課題となっている問題等を含めて多々あります。
そうした動きの把握はもとより、広く日本の社会保障の構造的変動を理解、洞察することはDCアドバイザーにとって必須の要件といえましょう。

今回は、税理士業界でも、多摩大学客員教授等多角的に活躍され、ご自身DCアドバイザーでもあられる八ツ井久嘉氏を講師にお招きし、直面する税制の変化と、構造的な問題について見識を深めたいと思います。この好機を逃すことなく、各位のご出席をお薦めします。
 日 時 :  平成23年3月3日(木) 午後6時30分~8時30分
 場 所 :  かながわ県民センター 3階 306号会議室
 定 員 :  30名 (申し込み先着順)
 参加費 :  DC協会会員 3,000円、 一般(DC協会非会員) 5,000円 
         (DCアドバイザーかながわネットワーク会員年会費にて充当)
 テーマ :  「平成23年度の税制改正のポイント」
 講 師 :  税理士、多摩大学客員教授  八ツ井久嘉氏
 継続単位: 第2分野 2単位 
 申込み : 2月25日(金)までに、住所、氏名、会員番号、FAX番号明記の上、メールまたは 
        FAXにて,DCアドバイザーかながわネットワーク宛お申し込み下さい。
        メールアドレス : info@jfpc.info   FAX番号 : 045-313-2200
        受付後、会場までの地図とともに受講票をE-MailまたはFAXにて送付しますので、
        当日ご持参下さい。
                              かながわ県民センター
このページのトップへ
2011年2/5(土) 東日本支部会 主催
 適年廃止後の企業年金を考える
 日 時 :  平成23年2月5日(土)、13:30~15:30(受付開始13:10)
 場 所 :  中央大学駿河台記念館 680号室
        (住所)千代田区神田駿河台3-11-5 (御茶ノ水駅 聖橋口から徒歩5分)
 定 員 :  30名(先着順)
 参加費 :  DC協会会員2,500円 セミナー会員 3,500円 
 テーマ :  「適年廃止後の企業年金を考える」
 講 師 :  年金数理人 DCアドバイザー
 継続単位: 第1分野 1単位 、 第2分野 2単位 
 申込み :  氏名、会員登録番号、連絡先(TELまたはFAXまたはEmail)を
         明記の上、下記宛メールでお申込みください。
         メール:master@nenkinnet.org
                      駿河台記念館
このページのトップへ
 
2011年1/30
制度は導入されたものの、仕組みや運用方法について基礎知識の理解が十分でないという方、または、もっと勉強したいのだけれども、どこで勉強すればよいのかわからなかった皆様、投資教育セミナーの実績が十分な講師が、懇切丁寧に解説します。お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

【日時・会場】 
※同内容を2会場で実施します。
  
 1月30日(日)
 北とぴあ会場 ・8F 804会議室
 2月19日(土)
 アウルホテル大宮会場 ・会議室
 13:20~14:40 (受付13:10~)
 第一部 初級編 確定拠出年金制度とその運用の基礎

 15:10~16:30 (受付15:00~)
 第二部 中級編 一歩進んだ確定拠出年金の運用について
                              定員 :各20名(先着順) 
【費用】各部とも、おひとり様 3,000円(配偶者同伴の場合は1,000円/部の追加)
     ※初級編・中級編をセットで申し込まれた方は、1,000円の割引をします。
     ※DC協会会員は各部2,500円 一部、二部参加の場合 4,000円です。
【講師】 阪尾 進(さかおすすむ)  (DCアドバイザー、CFP、社会保険労務士)
【対象】加入者、人事担当者
【継続単位】一部 第1分野 2単位、二部 第3分野 2単位

【地図】 北とぴあ会場・8F (東京都北区王子1-11-1) 王子駅徒歩2分
■アウルホテル大宮・会議室(さいたま市大宮区吉敷町2-72 )大宮駅徒歩12分
http://www.owl-hotels.co.jp/access.html

   【主催】 NPO法人 DC協会 (確定拠出型年金教育・普及協会)
   【お問い合わせ】 千代田区神田神保町 3-17-3都ビル6F
             事務局 受付時間 [平日10:00~17:00] Tel. 03-3222-6113
             Eメール : master@nenkinnet.org

このページのトップへ
2010年 10月~12月
 資格取得講座
 「年金・退職金総合アドバイザー」全6回コース
いま話題の企業年金制度の専門家になりませんか
企業内の退職金・企業年金の専門家になりたい方、企業からの相談業務、企業への提案業務に係っている方にも実践的な知識・情報を増やす絶好の機会です。個別の受講も可能です。
「年金・退職金総合アドバイザー」とは
・確定拠出年金をはじめとする公的・私的年金全般にわたる基本的な知識と金融商品、投資からライフプランに関する総合的な知識を有し、確定拠出年金の加入者、導入企業担当者に説明ができる。
・加入者への投資教育、個人に豊かな老後のライプラン提案ができる。
修了証交付
5回以上出席の方には「年金・退職金総合アドバイザー」資格登録に必要な「修了証」が交付されます。※次回からは修了テストを行う予定です。
DCアドバイザー試験 2分野免除
修了証を交付された方は「第21回DCアドバイザー資格認定試験」(2011年1月実施予定)の第2分野の受験を免除いたします。(2012年2月末まで有効)
カリキュラム
第1回 日本の年金・退職金制度
日時 内容 講師
10月30日(土)
13:30~16:30
・企業年金制度を巡る課題と展望
・日本の公的年金制度の全容と企業年金
・退職金制度・企業年金の仕組み・現状
・給付減額の現状・受給権の保護法制
  
中村 博治

植村 昌機
単位:第1分野3単位
第2回 新企業年金制度について
日時 内容 講師
11月 6日(土)
13:30~16:30
・確定給付企業年金制度の特徴
・キャッシュバランスプランの特徴
・確定拠出年金制度の特徴
・前払い制度の活用
・中小企業における退職金制度
(中退共・総合型厚生年金基金・総合型確定拠出年金)
宮本 一弘
単位:第1分野3単位
第3回 退職給付会計と年金財政を理解する
日時 内容 講師
11月20日(土)
10:00~12:30
・退職給付会計
・年金財政
・IFRS の動向
 
DCアドバイザー
年金数理人
単位:第2分野3単位
第4回 企業年金制度の移行
日時 内容 講師
11月20日(土)
13:30~16:30
・確定給付企業年金制度への移行、
・確定拠出年金制度への移行
・中小企業退職金共済制度への移行
・確定給付企業年金制度、
 確定拠出年金制度の今後の課題
植村 昌機
単位:第2分野3単位
第5回 豊かなセカンドライフのためにⅠ
日時 内容 講師
12月 4日(土)
10:00~12:30
・ライフプランニングと確定拠出年金の活用
・日本の年金制度、公的年金と企業年金
・退職金制度の税制

 
小野 隆璽
単位:第3分野3単位
第6回 豊かなセカンドライフのためにⅡ
日時 内容 講師
12月 4日(土)
13:30~16:30
・確定拠出年金の運用の考え方
・資産運用の基礎知識-金融商品の基礎知識
・確定拠出年金の投資教育
 15:30~16:30 質疑応答(個別質問も受け付けます)
 名刺交換会、修了書授与、資格申込受付
 
宮本 一弘
単位:第3分野3単位
講師紹介
中村 博治(なかむら ひろじ)

厚生労働省年金局 企業年金国民年金基金課長

講師紹介
植村 昌機(うえむら まさき)  (DCアドバイザー、AFP、社会保険労務士)

NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事・兼事務局長
日本経済新聞社で出版業務に従事、出版企画部長。
テレビ愛知に出向、総務部長、人事部長を歴任。
会社退職後、NPO法人設立に参画。

講師紹介
宮本 一弘(みやもと かずひろ)  (DCアドバイザー、CFP)

NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク 副代表理事
日立製作所で家電・住設システムと自動車機器の事業分野で事業部業務と直接営業に従事。中部支店自動車機器部長、自動車機器事業部営業部長、
総合住宅システム推進本部システム技術部長、同本部次長等を歴任
会社退職後、NPO法人設立に参画。

講師紹介
小野 隆璽(おの りゅうじ)  (DCアドバイザー、CFP、社会保険労務士)
 
オムロン(株)を経て、6年前から社会保険事務所にて年金相談業務に従事、
30,000名以上の年金相談実務を経験から年金をベースにしたライフプランを得意とする。
費用
各回 一般:8千円、セミナー会員5 千円、会員3 千円 (全て資料代テキスト込)
開催日時・場所
第1回 10月30日(土)13:30~16:30 東京都立産業貿易センター(浜松町)  第3・4会議室
第2回 11月 6日(土) 13:30~16:30 中央大学駿河台記念館(御茶ノ水)  620 号室
第3回 11月20日(土) 10:00~12:30 東京都立産業貿易センター(浜松町) 第3・4会議室
第4回 11月20日(土) 13:30~16:30 東京都立産業貿易センター(浜松町) 第3・4会議室
第5回 12月 4日(土) 10:00~12:30 中央大学駿河台記念館(御茶ノ水)  510 号室
第6回 12月4日(土) 13:30~16:30 中央大学駿河台記念館(御茶ノ水) 510号室
東京都立産業貿易センター(浜松町)

http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/access.html
中央大学駿河台記念館(御茶ノ水)
http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html
定員
先着40名
主催 NPO法人 DC協会(確定拠出型年金教育・普及協会)
このページのトップへ
2010年10/23

 「DCアドバイザー大会 2010 」

日時 平成22年10月23日(土) 13時00分~17時30分
        受付、開場は12:30からとなります。 
          ※12:30より前は入場できませんのでご注意ください。  
場所 綿商会館 6階 (東京都中央区日本橋富沢町8-10) 
 最寄り駅:馬喰横山・人形町・東日本橋・馬喰町

 http://www.mensyou.co.jp/map.htm
定員 120名(先着順)
参加費 DC協会会員 5,000円 
単位 第1分野4単位、第2分野4単位、第3分野 4単位
カリキュラム 13:00~14:50 「退職給付制度全般の実情と今後」
          株式会社みずほ年金研究所 専務理事 青木 孝俊 氏
 
15:00~16:00 「ベネフィットワン企業年金基金について」
          オリックス株式会社 営業推進部 山本 朋広 氏

16:05~17:30 「最近の労働事件の傾向」
          石嵜信憲 法律事務所 弁護士 橘 大樹 氏
 
 
※テーマ、プログラムの時間は講師の都合で若干の変更がある場合があります。      
申し込み 連絡先電話番号またはメールアドレス、氏名、会員登録番号、を明記の上、下記宛メールでお申込みください。
DC協会事務局 master@nenkinnet.co.jp
このページのトップへ
 
2010年9/26
 東海支部会 「DCコンサルティングの現場から」
日時 平成22年9月26日(日)、13:30~16:30(受付開始13:10)
場所 稲沢市総合文化センター 「第4会議室(3階)」     
 愛知県稲沢市国府宮三丁目1番1-101号 
 名鉄 名古屋本線 「国府宮(こうのみや)」駅より 徒歩5分 
 (名鉄名古屋駅からご乗車の場合、名鉄岐阜行き特急のご利用で所要9分) 
テーマ
「DCコンサルティングの現場から」
● 総合型厚生年金基金 コンサルの現状
● DCコンサルティングと継続契約 ポイント
 ※支部会終了後、講師を交え希望者で懇親会を行います。 
講師 道券 克則  DCアドバイザー
継続単位 第1分野 2単位 第2分野 1単位 第3分野1単位
このページのトップへ
2010年9/4
 DC協会東日本支部 港区分科会 第19回セミナー
 
『 DCアドバイザーと投資顧問業(投資助言・代理業)』
 仏作って魂を入れずという表現があります。DCの導入や制度設計、また分散投資や長期投資理論という投資教育、いずれもDCにかかわる「仏」の側面があります。
 一方、本業の仕事に忙しい加入者が本当に求めているのは具体的に何時、何に、どれくらい投資すれば良いのかのアドバイスと言えます。
 これが「魂」とも言えます。加入者からすれば金太郎飴的な「投資教育」の能書きばかり聞かされて、肝心の魂のところはみんな逃げていると感じるでしょう。
 
 DCのさらなる発展にむけて「一歩踏み出した加入者へのソルーション」を提供するには、投資顧問(投資助言・代理)業者とのコラボ、又はDCアドバイザー自身がこのステータスを充足することが考えられます。
 かかる視点から、本当に個別有価証券をアドバイスすることの困難さや金商法上の現実的課題を検討し、加入者とDCアドバイザーの在り方に一石を投じてみたいと思います。

 当セミナー受講により、DCアドバイザーの皆様のDCビジネスに、少しでもお役に立てることができれば幸いです。

日時 平成22年9月4日(土)、 午後1時30分~午後4時30分(3時間)
場所 会場:ちよだプラットホームスクエア 505+506会議室 (5階)
 (住所)東京都千代田区神田錦町3-21(〒101-0054)
  地下鉄東西線竹橋下車3b出口、KKRホテル東京玄関前から徒歩2分
 (URL)
 http://www.yamori.jp
テーマ DCアドバイザーと投資顧問業(投資助言・代理業) 
講師 大山 宜男 氏
 (投資顧問業(投資助言・代理業) 登録 関東財務局長・金商第508号
  アジアベスト(株)代表取締役 )
【 講師:大山宜男氏の個人資格 】
●香港永久居民(香港市民権)
●MBA 亜細亜大学大学院 アジア・国際経営戦略研究科
●CMA 日本証券アナリスト協会・検定会員
●AFP 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員
主 催 LLPペンションプランアドバイスセンター
 東京都目黒区中目黒5-2-9
 (URL) 
http://www1.odn.ne.jp/~cdp00460/
継続単位 第1分野・1単位 第3分野・2単位
このページのトップへ
2010年8/28
 西日本支部会  
 第1部「企業年金の動向と展望」
     ~適格退職年金の動向、企業年金を取り巻く環境の動向~

 第2部 情報交換会 【懇親会】

 適格退職年金の廃止期限まで、2年を切ってしまいましたが、いまだ、その数は多く残されており、受け皿である確定給付企業年金や確定拠出年金、厚生年金基金、中退共に改正の動きや受託機関の様々な取り組みが見受けられます。

 また、企業年金を取り巻く環境も、政府による「新年金制度に関する検討会」により、公的年金改正の将来への動きもみられるようになりました。
 退職給付会計でも、国際会計基準のコンバージェンスの動きがあり、企業年金に大きな影響を及ぼす可能性があります。

 このような動きが企業年金の将来にどのように影響していくかを紹介します。

日時 8月28日(土)13:45~16:40 (受付13:20~)
 ※開始時間と終了時間が通常より若干遅くなっておりますので、ご注意ください。
場所 エルおおさか 南101会議室 
 (大阪府立労働センター)

 大阪市中央区北浜東3-14 
テーマ 『企業年金の動向と展望』
 ・適格退職年金の動向
 ・企業年金を取り巻く環境の動向
講師 年金数理人、DCアドバイザー 
継続単位 第1分野 2単位  第2分野 2単位
このページのトップへ
2010年8/7
 千葉支部会 『イオンの退職給付制度改革』
 日本航空の年金問題やNTT企業年金をめぐる最高裁 判決等を受けて、企業年金改革の動向に再び大きな 関心が集まっています。

 当支部では今回、こうした動きを踏まえて、
「年金支給、65歳に引き上げ」等の革新的な制度改革で 注目を集めるイオン企業年金基金から、 事務長の福本 充伸氏をお招きし、DB・DC両面から 実際にその制度改革に立ち会ってきた経験 をご披露いただきます。

 制度改革に取り組む年金基金の”現場”のお話を 伺える貴重な機会です。
 DCアドバイザーの 皆様、奮ってご参加下さい。

日時 平成22年8月7日(土) 午後1時30分~午後3時30分
場所 市川教育会館2階第一会議室     
 千葉県市川市南八幡1-10-19 
  TEL 047-376-0770 
  URL(地図) 
http://www.ichikawa-town.com/map/ik002459
テーマ
:『イオンの退職給付制度改革』
         (DB、DCの変更) 
講師 福本 充伸 氏  イオン企業年金基金 事務長
継続単位 第1分野 1単位 第2分野 2単位 
このページのトップへ
2010年7/30
 DC協会 セミナー 『プロフェッショナルに聞く 長期投資の哲学』
カリスマファンドマネージャーであるひふみ投信の藤野氏をお迎えして投資哲学や企業分析の考え方や、未来や経営動向の読み方、ひふみ投信にかける思いを藤野氏に熱く語っていただきます。
 
日時 7月30日(金) 午後6時45分~午後8時45分 (受付開始6時00分)
場所 会場:パシフィックセンチュリープレイス丸の内27F
     (東京都千代田区丸の内1-11-1)
テーマ
『プロフェッショナルに聞く 長期投資の哲学』
  ・企業分析の考え方
  ・経営動向の読み方
  ・今後の投資環境について

 
講師 藤野 英人 氏  ひふみ投信 ファンドマネージャー
プロフィール 1966年、富山県生まれ。90年早稲田大学法学部を卒業。野村投資顧問を経て、96年ジャーデン・フレミング投信・投資顧問(現JPモルガン・フレミング・アセット・マネジメント)に入社。中小型株のファンドの運用に携わり、抜群の運用成績を残した。2000年にゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・ジャパン・リミテッドに入社、中小型・成長株ファンドの運用にあたる。2003年8月レオス・キャピタルワークスを創業に参加、CIO(最高運用責任者)に就任(現任)。著書に『伸びる会社・ダメな会社の法則』
 
継続単位 第3分野 3単位
 
このページのトップへ
2010年6/23
 東日本支部会 (「投資教育」 情報交換会) 
DCアドバイザーによる基調講演のあと、DCの投資教育をテーマに
情報交換を行います。
無関心層にどのように興味を持たせるか、等日ごろ、投資教育に携わる者同士での意見交換会を企画しました。
もちろん加入者としての立場での参加も可能です。
 
日時 6月23日(水) 午後6時30分~午後8時30分 (受付開始6時00分)
場所 会場:東京しごとセンター5階

最寄駅:飯田橋駅 (JR中央・総武線)
  http://www.tokyoshigoto.jp/traffic.php
  ※会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。
テーマ
基調講演 「運営管理機関ではできない投資教育」
継続単位 単位認定はありません。

2010年5/22
 九州支部会  
今年になって、企業年金の改正の動きが次々と見られます。
確定拠出年金の拠出限度額が引き上がり、年金確保支援法案も決定し、確定拠出年金制度の「マッチング拠出」や「加入資格を現行の60歳から65歳に引き上げ」に加え、厚生年金基金、確定給付企業年金、国民年金基金も改正されようとしています。
 公的年金も、同法案の改正に加え、政府による「新年金制度に関する検討会」が設置され、将来への動きもみられるようになりました。
退職給付会計では、国際会計基準のコンバージェンスの内容も確定し、適格退職年金の廃止までついに2年を切りました。
このような改正の動きが企業年金の将来にどのように影響していくかを皆さんに紹介してまいります。
日時 5月22日(土)13:30~17:00(受付開始13:10~)
場所 会場:福岡中央ビル地下1階
テーマ


講師
第1部 『企業年金の法改正解説と将来展望』
 ・企業年金関係 法改正解説
 ・適年廃止の移行と実情
 講師 年金数理人  DCアドバイザー
第2部 『情報交換のための懇親会』
継続単位 第1部(第1分野2単位、第2分野2単位)
第2部(第3分野1単位)
このページのトップへ
2010年5/15
 東日本支部会 港区分科会  
『 日本における投資アドバイザーとは。 』
~~その役割と位置付け、そして将来性 ~~
 DC導入済みの企業にとって導入後の継続教育はその必要をいわれながら、回数・内容・方法など、なお解決されていない課題が山積です。
そこ今回は継続教育のなかでも投資教育にスポットをあて、教育現場におけるファイナンシャルアドバイザー(=投資アドバイザー)の業務について、お話をきく事に致しました。
 講師は、企業年金はもとよりDCについて大変詳しい、山崎俊輔氏にお願いしました。今回は特にお願いしまして、「わが国における投資アドバイザーとは」についてのご持論をたっぷりとお話いただきます。今後、DC加入者に向けた「投資助言」業務がどのように展開していくのか、私たちDC関係者にとっては大変興味深いテーマです。
 当セミナー受講により、DCアドバイザーの皆様のDCビジネスに、少しでもお役に立てることができれば幸いです。


日時 5月15日(土)、13:30~16:30
場所 機械振興会館 B3-研修2号室 
テーマ
「日本における投資アドバイザーとは」
~その役割と位置付け、そして将来性~ 
講師 山崎 俊輔 氏  企業年金連合会 企画振興部調査役 DC担当
プロフィール 企業年金研究所、FP総研を経て独立。2002年より商工会議所年金教育センター主任研究員、2006年より現職。企業年金連合会では、税制改正要望の取りまとめや「DC実態調査」の企画・実施、投資教育検討会、企業型DCのあり方検討会の事務局を務め「投資教育ハンドブック」「制度運営ハンドブック」の取りまとめを行う。個人としても、20~30歳代に向けた資産運用やリタイアメントプランニングの執筆・講演など積極的に取り組んでいる 
主催 LLPペンションプランアドバイスセンター 東京都目黒区中目黒5-2-9
URL:http://www1.odn.ne.jp/~cdp00460/

継続単位 第3分野3単位
このページのトップへ
2010年 東日本支部会セミナー  
退職金制度 研究会・~基礎から実務まで~
~ 3回シリーズ ~
いまさら聞けない退職金制度・企業年金・投資運用の基礎知識
日 時

内 容
 第1回 (第2分野 3単位)
 開催日時 3月22日(月)祝日13:30~16:30
 会場:東京都南部労政会館
  内容
  ・日本の公的年金制度の全容
  ・退職一時金制度と企業年金制度
  ・退職給付債務と会計基準
  ・企業年金制度見直しの実情
  ・適格退職年金制度廃止の実情と移行

 第2回 (第1分野 3単位)
 開催日時 5月12日(水)13:30~16:30
 会場:ちよだプラットフォームスクエア5F
 内容
  ・確定拠出年金制度と確定給付企業年金制度
  ・確定拠出年金制度の内容、制度設計の留意点、
   他制度からの資産移換
  ・確定拠出年金制度内容改善の動き

 第3回 (第3分野 3単位)
 開催日時  6月1日(火)13:30~16:30
 会場:ちよだプラットフォームスクエア5F
 内容
  ・資産運用の基礎知識 - 一般資産と年金資産
  ・投資信託の基礎知識と運用の実際
  ・確定拠出年金の投資教育

このページのトップへ
2010年4/25 
 東日本支部会  
今年になって、企業年金の改正の動きが次々と見られます。
確定拠出年金の拠出限度額が引き上がり、年金確保支援法案も決定し、確定拠出年金制度の「マッチング拠出」や「加入資格を現行の60歳から65歳に引き上げ」に加え、厚生年金基金、確定給付企業年金、国民年金基金も改正されようとしています。
 公的年金も、同法案の改正に加え、政府による「新年金制度に関する検討会」が設置され、将来への動きもみられるようになりました。
退職給付会計では、国際会計基準のコンバージェンスの内容も確定し、適格退職年金の廃止までついに2年を切りました。
このような改正の動きが企業年金の将来にどのように影響していくかを皆さんに紹介してまいります。
 
日時 4月25日(日)15:00~17:00(受付開始14:45~)
場所 会場:東京都南部労政会館 第3会議室
テーマ


講師
第1部 『企業年金の法改正解説と将来展望』
・企業年金関係 法改正解説
・企業年金の将来展望
 年金数理人  DCアドバイザー

第2部 『情報交換のための懇親会』
 ・日ごろ、支部会等では聞きにくい質問等受付けます。 
 ・ざっくばらんな情報交換会を予定しております。
 ・第2部のみの参加も受付けます。 

第2部の会場はお申込みの方におってご連絡いたいします。
継続単位 第1部(第1分野1単位、第2分野2単位)
第2部(第3分野1単位)
このページのトップへ
2010年4/17  
 千葉支部会  
日時 4月17日(土)、13:30~15:30
場所 市川教育会館 2階 第一会議室
 (住所 市川市南八幡1-10-19 TEL 047-376-0770)
  JR総武線 本八幡駅 徒歩5分
  
テーマ
『企業年金基金の問題点と確定拠出年金制度改善の動き』
 
講師 達橋 春夫  DC協会
継続単位 第1分野2単位、第2分野2単位
2010年4/11  
 東海支部会  
日時 4月11日(日)、13:30~16:30(受付開始13:10~)
場所 稲沢市総合文化センター
 (「名鉄名古屋駅より名古屋本線一宮・岐阜方面に乗車。特急で所要10分
「国府宮(こうのみや)」駅より 徒歩5分)
   愛知県稲沢市国府宮三丁目1番1-101号
  
テーマ



講師
『企業年金 勉強会』
・企業年金の実務 
・法改正最新情報

 年金数理人  DCアドバイザー
継続単位 第2分野3単位、第3分野1単位
このページのトップへ

2010年4/29
 西日本支部会  
日時 4月29日(木)13:30~16:45 (受付13:10分~)
場所 エルおおさか7階701 
 (大阪府立労働センター)

 大阪市中央区北浜東3-14 
テーマ 「退職金コンサルティング研究会 ~DCコンサルの現場から~」
講師 道券 克則 DCアドバイザー・CFP
継続単位 第1分野2単位 第3分野 2単位
このページのトップへ
2010年 1/23 
 港区分科会  
日時 2010年 1月23日(土)13:30~16:30 (3時間)
場所 機械振興会館 B3 1号会議室
 東京都港区芝公園3-5-8(〒105-0011)、(電話)03-3434-8216
 地下鉄日比谷線 神谷町駅下車東京タワーに向かって 徒歩8分
http://www.jspmi.or.jp/mapright.htm 
テーマ 「米国年金制度の現状と将来Ⅱ」
~ GM年金&アメリカ年金事情Up to Date ~
講師 大川 洋三 氏 (東北福祉大学 特任教授)
重元 啓史 氏 (特定社会保険労務士、経営労務コンサルタント)
継続単位 第1分野3単位
主催 LLPペンションプランアドバイスセンター
 東京都目黒区中目黒5-2-9
http://www1.odn.ne.jp/~cdp00460/
このページのトップへ
2010年1/19  
 中央区分科会 
日時 2010年 1月19日(火)19:10~21:10 (受付18:50~)
場所 ムーブ町屋:ミニギャラリー 
 東京都荒川区荒川 7-50-9 センター町屋4F

 千代田線町屋駅 駅ビル4F 京成線、都電荒川線町屋1分 
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.44.21.062&el=139.47.02.342
テーマ 「確定拠出年金プランにおける分散投資の理論と実践」
確定拠出年金制度に関する、利用者の立場からみた制度の概要や利便性と、リスク分散の目的および効果に関する理論と実践。
講師 渡邊 英利(わたなべひでとし)
〔プロフィ-ル〕
同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程(前期課程)を修了後、大手システム開発会社にてシステムエンジニアとして勤務。
その後、野村證券にてファイナンシャルコンサルタント職として5年間にわたり資産管理の相談業務を経験、同時に一般向けセミナーの講師・企画・運営に携わる中で、生活者の暮らしとお金の 「不安」を「安心」へと導くことに自らの存在意義を見出し、ファイナンシャルプランナーとして独立。
現在、住まい・保険・資産管理 の3つの領域に強いFPサービスを提供する独立系FPとして、個人のお客様のライフプラン・資産運用・保険見直し・住宅購入などに関する相談業務を行っている。
継続単位 第1分野1単位 第3分野 1単位
このセミナーはDCアドバイザー、ファイナンシャルプランナー向けのセミナーになっています。
FP協会の継続単位につきましては自主申請になります。 2単位の取得が可能な内容となっておりますが、単位取得が確定するものではありません。
DC協会は第1分野、第3分野1単位ずつ
FP協会は金融資産運用設計に2単位なります。
継続単位所得希望の方はDC協会及びFP協会の会員証をお持ちください。
このページのトップへ
2009年12/20 
 東海支部会  
日時 12月20日(日)13:30~16:30 (受付13:10分~)
場所 名古屋市公会堂
 名古屋市昭和区鶴舞1丁目1番3号
 
http://www.h6.dion.ne.jp/~koukaido/access.html#01
 
テーマ
講師
「個人型確定拠出年金の現状」 13:30~14:50
 鈴木 憲司 氏 DCアドバイザー

「選択制(DCと前払い給付)についてのポイントと
 少人数(1名)から導入可能な企業型商品について」 15:00~16:30
 上田 剛司 氏
 SBIベネフィット・システムズ株式会社
 営業企画部長 兼 業務企画部長 
継続単位 第1分野2単位、第2分野2単位、第3分野1単位
このページのトップへ
2009年12/13
 西日本支部会  
日時 12月13日(日)13:30~16:50 (受付13:10分~)
場所 エルおおさか 5階研修室2 
 (大阪府立労働センター)

 大阪市中央区北浜東3-14 
テーマ 「事例から考える年金制度~年金相談の現場から~」

「投資教育の実際と課題」
講師 小野 隆璽 氏 社会保険労務士・DCアドバイザー
森本 修司 氏 社会保険労務士・DCアドバイザー
継続単位 第2分野2単位 第3分野 2単位
このページのトップへ
2009年12/1 企業向け無料セミナー

 確定拠出年金 無料 セミナー  
日時  平成21年12月1日(火) 17:45 ~19:45
会場  南部労政会館(JR大崎駅 徒歩5分)
対象  企業の人事・総務の年金ご担当者様
内容  17:45~18:45 「確定拠出年金をめぐる最新情報」
 18:45~19:45 「投資教育の重要性と企業の実情」
 
 
 

このページのトップへ


2009年11/28
東日本支部会
日時 11月 28日(土)13:30~16:30 (受付13:10分~)
場所 南部労政会館 
テーマ 「DCコンサルティングの現場から」
講師 道券 克則氏  DCアドバイザー
継続単位 第1分野 2単位  第3分野 2単位

このページのトップへ


2009年11月  DC協会 主催
 「DCアドバイザー試験対策セミナー 」  
日時 11月 3日(火・祝日)13:00~16:20 
      18回試験過去問題・第1分野の詳細解説
 会員は第1分野 3単位
11月22日(日)   10:00~12:30
      18回試験過去問題・第2分野の詳細解説
 会員は第2分野 3単位が取得できます。
11月23日(月・祝日)10:00~12:30 第3分野

      18回試験過去問題・第3分野の詳細解説
 会員は第3分野 3単位が取得できます。
場所 ちよだプラットフォーム 5階 (東京都千代田区神田錦町3-21)

このページのトップへ


2009年10/17
 「DCアドバイザー大会 2009 」  
日時 平成21年10月17日(土) 13時15分~17時00分
場所 綿商会館 6階 (東京都中央区日本橋富沢町8-10) 
 最寄り駅:馬喰横山・人形町・東日本橋・馬喰町

 http://www.mensyou.co.jp/map.htm
単位 第1分野 4単位 、 第2分野 4単位 、 第3分野 4単位
カリキュラム  13:15~13:20 ご挨拶
      特定非営利活動法人 確定拠出型年金教育・普及教育 
                       理事長 皆木 和義
13:20~15:00 パネルディスカッション 「投資教育の実際と課題」
15:15~16:45 「企業年金連合会の考える『投資教育』のあり方」
      企業年金連合会 企画振興部 調査役 山崎 俊輔氏

このページのトップへ


2009年10/3
 『どう見る、どう見直す確定拠出年金!!』
講師:宮本 一弘 氏
日本労働組合総連合会
NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク理事
DCアドバイザー・CFP・1級FP技能士
 今回、千葉支部では、加入員(従業員)の視点で、労働組合の幹部の方々と、企業年金に関する「制度移行」や「継続教育のあり方」などの課題について、広く勉強や 相談に携わってこられた宮本一弘氏を講師にお迎えし、激しく変化した運用環境を踏まえて、 DC制度運営をどう見直すべきか、投資教育はどう変わっていくべきかなど、 DCに関する論点を縦横に語っていただきます。
日時 平成21年10月3日(土) 13時30分~16時50分(予定)
場所 市川教育会館 2階 第一会議室 (千葉県市川市南八幡1-10-19)
単位 第3分野 2単位

このページのトップへ


2009年8/29
 「中国の年金制度」  講師:田中裕二(DCアドバイザー)
 
 「就業規則と不利益変更~最近の労働判例から」
                講師:石嵜信憲弁護士(石嵜法律事務所)
日時 平成21年8月29日(土) 13時30分~16時50分(予定)
場所 ちよだプラットフォーム 5階 (東京都千代田区神田錦町3-21)
単位 「中国の年金制度」 第1分野 2単位、
「就業規則~」    第2分野 2単位

このページのトップへ


2009年8/29
 「適年移行の現状と企業年金の動向」
     講師:年金数理人・DCアドバイザー

 「コンサルティングに役立つ税制改正の話」
     講師:榊原正則 氏
       (株)新日本保険新聞社  取締役企画部長  「保険税務のすべて」編集長
日時 平成21年8月29日(土) 13時30分~16時30分(受付13:10~)
場所 エルおおさか 7階 701 (大阪市中央区北浜東3-14)
 地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m
単位 第2分野 2単位 、 第3分野 2単位

このページのトップへ










WEBセミナー

WEBセミナー 01 
WEBセミナー「中小企業における確定拠出年金を考える 」

「中小企業における確定拠出年金を考える」

   〇 DC法改正と中小企業の企業年金
   〇 総合型確定拠出年金
   〇 選択制確定拠出年金
   〇 厚生年金基金の解散に伴う選択制確定拠出年金への移行
【講 師】 牧村 博一 氏 MKビジネス コンサルティング オフィス
        (DCアドバイザー、中小企業診断士、特定社会保険労務士)


DC法が改正され、中小企業にとっての選択肢が増えました。
中小企業にとって重要な法改正の解説と選択制DCについての活用法の正しい理解のためのセミナーです。

4月に東京で実施したセミナーを講師に了解をえて、特別に会員に公開します。

--------------

継続単位: 第1分野 3単位

受講方法:インターネットで受講します。(パソコン、スマホ、タブレット等))
     お振込み確認後、受講のためのIDとパスワード、資料をメールで送付します。
     受講有効期間は1週間ほど設定しますので、その間に受講ください。ダウンロードはできません。
参加費用: 認定会員2千円 (DC協会会員のみ)


お申込み:  master@nenkinnet.org へ
 上記メールにお名前、メールアドレス、会員登録番号(ご不明な場合は結構です)をご記入のうえ、「WEBセミナー希望」を件名にして送信ください。振込先をご連絡いたします。
受講できる日時もご連絡ください。その日に合わせて1週間限定で設定いたします。

このページのトップへ




本サイト上の文書や画像等に関する諸権利はDC協会に帰属します。文書・画像等の無断使用・転載を禁止します。
Copyright ©2009 Defined Contribution Plan. All Rights Reserved.